“超低遅延モード”搭載!完全ワイヤレスでも音ゲーができるかも!

完全ワイヤレスイヤホンは音質の向上に加えて、多彩な機能性を備えたものも登場するなど、すっかりイヤホンの定番となった感があります。ただ、ゲームや動画をヘビーに楽しんでいる人の中には、ワイヤレスイヤホンの弱点である“音ズレの発生”を忌避し、有線イヤホンを使い続けているという人も多いのではないでしょうか。

スウェーデン発のオーディオブランド・urbanistaの「urbanista SEOUL Gaming TWS(アーバニスタ・ソウル・ゲーミング・TWS)」(1万2980円)は、映像と音声のズレを感じさせない“超低遅延モード”を搭載した完全ワイヤレスイヤホン。スマホでのゲームプレイや動画視聴時にストレスフリーで没頭したい人にとっては最適のイヤホンかもしれません。

滑らかな曲面で構成されたカナル型デザインを採用し、10mm径のドライバーユニット&ムービング・コイル型のスピーカーユニットが、細部の音まで繊細かつ明瞭に表現するハイクオリティなサウンドを再生します。接続はBluetooth 5.2(Class 1)で行い、プロファイルはA2DP/AVRCP/HFP/HSP、コーデックはSBCとAACにそれぞれ対応。ノイズキャンセリングマイクを内蔵しており、クリアな音声による通話が行えます。

そしてこのイヤホンの目玉といえるのが“超低遅延モード(ゲーミングモード)”。通常モード時(約196ミリ/秒)に比べて“70ミリ/秒”の超低遅延を実現したことにより、完全ワイヤレスイヤホンのネックだった“映像と音のズレ”を大幅に改善。ゲームプレイや動画視聴時に、ストレスを感じることなく没入できます。

各種操作はイヤホン本体をタップするだけのタッチコントロールを採用し、音声アシスタントで操作状況は随時把握が可能。また、専用アプリ「Urbanista Audio」(iOS・Android両対応)を使えば、サウンドモードの切り替えやイコライザー操作、タッチコントロールのカスタマイズをスマホの画面上で設定できるようになります。

コンパクトなサイズながら、連続再生時間はフル充電時で約8時間、ゲーミングモード時は約6時間、充電ケース(ワイヤレス充電とUSB-Cケーブル充電の両対応)併用時は約32時間と長時間の使用が可能。3種類のイヤーチップが付属し、耳穴の大きさに合った最適な装着感を得られます。カラーバリエーションはMidnight Black、White Pearl、Electric Blue、Vivid Purpleの4色です。

音ズレを理由に完全ワイヤレスタイプのイヤホンを選択肢に入れてなかったという人も、超低遅延モードを備えた「urbanista SEOUL」ならその候補に加えることができそう。長時間に渡って上質なサウンドを、このイヤホンで存分に楽しんでみては。

>> urbanista SEOUL

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆Xboxコントローラー、ヘッドセットが同梱!LAVIEのゲーミングPCで本格PCゲーム始めてみない?
◆より薄く、賢く、大画面に進化。レノボの新ゲーミングノートPCはまるで隙ナシ!
◆ソニーもいよいよ本格参戦!ゲーミングギアブランド「INZONE」誕生!

関連記事(外部サイト)