インド綿の糸くずが着火剤に変身!キャンプでもサステナブルなアイテムを使おう!

キャンプや釣りなどの自然体験を通じて、海洋保護や資源などの環境問題をあらためて身近に感じるようになったなら、アウトドア回りの小物も、できるだけ環境に優しいものを選びたくなりますよね。

廃材をアップサイクルしたバッグやアパレル、アウトドアファーニチャーなどは、たびたび見かけるようになりましたが、新登場したのは本来ゴミとして廃棄されるはずだった糸くずを原料に用いた着火剤。アジアンテイストたっぷりのアパレルや雑貨を展開するチャイハネの「ファイヤースターター」(8個入り、990円)を紹介します。

本来ゴミとして廃棄されるはずだった廃材を再利用して作ったサステナブルな着火材「ファイヤースターター」は、布や衣類を作る際に出るインド綿の廃糸をワックスで固め、直径3cm程の半球型に固めたものです。

使い方は普通の固形着火剤と同じで、細く割いた薪や小枝などの燃えやすい焚きつけを重ね、その下に1〜3個セットしてライターなどで着火。あとは、うちわや火吹き棒などで適宜風を送りながら、炎が安定するのを見守ります。

なにより、素朴な風合いとコロンとしたルックスがチャーミング! 燃料は、化粧品や牛乳パックなどにも使われる、安全性の高いパラフィンワックスなのも、うれしいポイントです。

使われている糸くずの長さや色もランダムなので、ひとつとして同じものがないのもポイント。日本製ながら、あえてプリミティブな雰囲気に仕上げた、中身の見えるパッケージもいい感じ。

使ってしまえば跡形もなくなってしまう消耗品こそ、環境負荷の低いモノを選びたい。そんな思いにさりげなく応えるうれしいアイテムです。

>> チャイハネ

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆メスティンにシンデレラフィット!燃料、飲料、洗剤とマルチに使えるアウトドアボトル
◆マッチの廃材とキャンドルのワックスが融合した長~く燃える着火剤誕生!
◆草食動物のうんちを使った着火剤。もう一度言う、うんちの着火剤

関連記事(外部サイト)