JBL「ゲーミング完全ワイヤレス」はゲームに集中できる機能がギュッと詰まってる!

プロゲーミングチームのスポンサードを行って商品を提供するなど、音のプロとしてゲーミングデバイスにも力を注いでいるJBL。そんなJBLのゲーミング用オーディオシリーズ“JBL Quantum(クオンタム)”から、シリーズ初となる完全ワイヤレスイヤホン「JBL Quantum TWS(クオンタム トゥルーワイヤレス)」(1万9800円)が登場しました。

完全ワイヤレスでも音の遅れを感じさせない超低遅延の接続や、あらゆる位置の音を表現できる独自のサラウンドサウンドなど、まさにゲームにふさわしいイヤホンに仕上がっています。

一般的な完全ワイヤレスイヤホンと違うのは、Bluetooth接続の他に、付属のUSB Type-Cドングルを使って2.4GHzワイヤレス接続もできるところ。

わずか約0.05秒の超低遅延の接続ができ、安定性も高いので、タイミングがシビアな音ゲーやシューティングゲームをストレスなくプレイできます。

また、2.4GHzワイヤレス接続とBluetoothの同時接続が可能な“デュアルソース機能”に対応しているので、ゲーム中でもスマホの着信に対応できて、大事な電話を逃しません。

スマホのゲームも快適にプレイできますが、本領を発揮するのはUSBドングルでPCと接続したとき。PC専用ソフトの“JBL QuantumENGINE”を通して、独自開発の7.1chサラウンドサウンド“JBL QuantumSURROUND”が使えるようになり、イヤホンでも立体的かつ没入感のあるサウンド空間を構築します。

イヤホンの設定をカスタマイズできるのも魅力。“JBL QuantumENGINE”では3Dオーディオやイコライザーの調整を、スマホアプリの“JBL Headphones”ではタッチ操作の変更ができるなど、自分好みに調整が可能。使い込むほど理想のイヤホンに近づきます。

ノイズキャンセリング機能や外音取り込み機能も搭載。周囲の環境に合わせて遮音レベルを自動補正する“ハイブリッドノイズキャンセリング”により、公園や喫茶店などの外出先でも、しっかりゲームに集中できます。

6つのビームフォーミングマイクを採用し、通話時は騒音を除いて音声のみをピックアップ。相手へクリアな声を届けてくれるため、複数人でのボイスチャットはもちろん、オンライン会議にも重宝しそうです。

連続再生時間はイヤホン単体で約8時間、充電ケース併用で24時間なので、長時間の使用も安心。IPX4の防水性能も備えるため、汗などで濡れても問題ありません。

今使っているヘッドセットが重かったり、ヘッドホンで耳が蒸れるなどの不満を持っている人は、軽い着け心地でゲームに集中できるゲーミング用ワイヤレスイヤホンを試してみては?

>> JBL

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆Xboxコントローラー、ヘッドセットが同梱!LAVIEのゲーミングPCで本格PCゲーム始めてみない?
◆ミニマルデザインに各種機能を盛り込んだRazerのゲーミングヘッドセット
◆鮮やかなグリーンが映えるTUMIとゲーミングブランドRazerのコラボコレクション

関連記事(外部サイト)