これぞスーパーカー!熱狂 ガルウィング名鑑<ランボルギーニ編>

日本全国のいつまでも“少年”の心を忘れないみなさん、大変お待たせいたしました。お待たせしすぎたかもしれません。今回はスーパーカーブーム世代には懐かしい、ブームを知らない世代でもワクワクする「ガルウィング」のスーパーカーをたっぷりご紹介します。

ガルウィングと言えば、なんといっても「クンタッチ(カウンタック)」。この言葉は感動などを表す感嘆詞で…いやそもそもカウンタックはガルウィングではなく「シザードア(シザースドア)」だったりするんですが、今回はそういったウンチクは棚上げ。

とにかくガルウィングのカッコいい写真を見て「いいなぁ」と目の保養をしようという内容なので、カウンタックを中心に、同車を生み出したランボルギーニのガルウィング車をたっぷりご紹介していきたいと思います。

 
■ ■言葉のいらないスーパーカー、ランボルギーニ カウンタック
▲まずはクローズドショットから。まさに「Don’t think, feel.」です

▲初めて実車の後ろ姿を見た時、背中に電気が走りました

▲こうしてみるとやっぱり低い。全高はわずか1070mm

▲真後ろから見ると、もう宇宙船。このまま光速でワープしそうな勢い

▲なんだか見慣れた感のある写真ですが、スーパーカー消しゴムじゃありません。そう考えると、意外とスーパーカー消しゴムのクオリティは高かったのかも

▲シート後方に搭載されるLP400Sのエンジン。排気量は3929cc。最高出力は357ps/7500rpm、最大トルクは363N・m/5500rpm。ちなみにトランスミッションは5MTです

▲時代を考えれば当たり前ですが、インテリアは超シンプル。現代のキラキラした内装より落ち着くのは年齢のせいでしょうか。ただ、そそり立つステアリングの角度はレーシングカー並

▲手前がLP400、奥がLP400S。ちなみに“LP”とは、“縦置きのミッドシップ”を意味する「Longitudinale Posteriore」から来ているそう

 

■ ■ガルウィングだらけのランボルギーニ
やっぱりカウンタックは問答無用でテンションが上がりますよね。そんなスーパーカーを生み出したランボルギーニには、カウンタック以外にもガルウィング車が多数あります。ここからはディアブロやムルシエラゴといったイタリアが誇る“ランボコレクション”をどうぞ!

 
■ ▼まさに悪魔のようなディアブロ
▲1990年に登場したディアブロ。イタリア語で「悪魔」を意味し、19世紀に活躍した闘牛の名前が由来

▲ミッドに搭載されたのは5707ccのV12。最高出力492ps/7000rpmというまさに悪魔のようなエンジンが積まれていました

▲ドアを開けると迫力倍増。なんだか威嚇されているような気にも…。ちなみにヘッドライトに注目してみてください。何かのクルマに似ていませんか?

▲真正面から顔付きだけ見てみると…そう、あれですね

▲正解は日産のフェアレディZ(Z32)。初期のディアブロはリトラクタブルヘッドライトだったんですが、デイライト法(常時ヘッドライトを点灯)の施行がらみでリトラがダメになり、白羽の矢を立てたのがZ32だったというわけです

 
■ ▼あふれるパワーを4輪で受け止めるムルシエラゴ
▲ディアブロの後継的存在として2001年にデビューしたのがムルシエラゴ。こちらも19世紀に実在した闘牛の名前が由来

▲パワートレインは、6.2L V12エンジンに6MTの組み合わせ。最高出力は580ps/7500rpmと、500psオーバーどころか600psに手が届きそうなド級の性能に

▲たった2輪で600ps近いパワーを伝えきるのは難しいと判断したのかはわかりませんが、ムルシエラゴの駆動方式は4WDのみとなっています。まるで飛んでいるような問答無用のバックシャン

▲2006年にLP640へと進化し、排気量は6.2L→6.5Lに、最高出力は588ps→640psとなり、ついに600psオーバーという異次元のスペックに

▲バンパーに付着した虫の数が速度を物語ってます。ちなみにLP640の全幅は、なんと2m越えの2058mm。ハマー H2の全幅(2062mm)に限りなく近いとは…

▲…

関連記事(外部サイト)