非常時に備えておくべき長期保存食が“ゆかり味”ならうれしくない?

災害時に備えておくべき防災グッズは、定期的に見直すのも大事。とくに保存食は、賞味期限が近いものは食べて新しいものに入れ替える必要があります。それだったら、食べたいものをキープしておきたいですよね。

杉田エースが開発を手がける長期保存食「IZAMESHI(イザメシ)」は、“食べない備蓄食から、おいしく食べる長期保存食へ”をコンセプトに、ごはんやパンといった主食のほか、肉や魚、煮物などのおかず、スイーツなどを手掛けています。そんな「IZAMESHI」が、三島食品の人気ふりかけとコラボした、和風出汁のおかゆ(単品/454円、6箱セット/3240円)を発売しました!

ラインナップは、定番の赤しそのふりかけ「ゆかり」を使った「三島のゆかりとおかゆ」(454円)をはじめとした3種類。ゆかりは、赤しそのさわやかな風味で、おかゆのやさしい味が際立ちます。セットになっているのは、和風出汁のおかゆとふりかけ、そしてスプーンです。

ゆかり以外には、青じそふりかけ「かおり」がセットになった「三島のかおりとおかゆ」(454円)と、“ピリ辛まだらこ”のふりかけ「あかり」がセットになった「三島のあかりとおかゆ」(454円)を用意。

調理済みなので、封を開けて好みの量のふりかけをかければ、そのまま食べられます。スプーン付属のため、非常用持ち出し袋に入れておくのにぴったりです。

もちろん普段の食事用でも活躍。お湯で温める場合は、袋のまま入れて約5分。お皿に移して電子レンジで温めてもOKです。

賞味期限は製造から3年なので、いつでも食べられるようにストックできます。2個ずつ入った「三島食品 x IZAMESHI 三島のゆかり・かおり・あかりとおかゆ 6箱セット」(3240円)は、お中元やお歳暮にも喜ばれるかも。

食欲のないときや胃腸の弱ったとき、調理をする元気が出ないとき、すぐに食べられるやさしい味のおかゆがあると安心。非常食用だけでなく、普段の食事用にも常備しておくといいですね!
「ゆかり」「かおり」「あかり」は三島食品の登録商標て?す。
>> IZAMESHI

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆大容量5Lで安心!しかも袋の中まで乾かせるメンテ性も高いウォーターバッグ
◆汚れが目立たずサイズ感もいいクッカーでソロキャンプだ
◆非常用持ち出し袋に入れるのは、思いのほか美味しい宇宙食に認証された保存食

関連記事(外部サイト)