男心をくすぐる機能美を備えた“夏の腕時計”5選

【2022夏 アウトドアファッション特集③】

「暑くて汗をかくし、なるべくアクセサリーなど余計なモノを身に付けたくない」という声は多く、夏はとかくシンプルな格好なりがちです。たしかにTシャツにショートパンツにスニーカーだけでもコーディネートは成立しますが、それ一辺倒では余りにも工夫がないというもの。

そこで夏らしくアウトドア&アクティブシーンで力を発揮するアイテムを、着こなしに取り入れてみるのはいかがでしょうか。例えば日射しを遮る帽子、目を紫外線から守るサングラス、そして時刻を知るだけでなくさまざまな機能を搭載した腕時計!

そんな腕時計の中でもタフ&機能的、さらに汗をかいてもそのまま洗えるシリコン&ウレタンの樹脂製バンドを備えたモデルを中心に紹介していきます。男のおしゃれ心をくすぐる機能美は必見!

■ 1. ファーストペンギンから着想を得たスペシャルエディション
SEIKO PROSPEX
「SBDY117」(6万4900円)※

※写真右が「SBDY117」 左はSBDY115(6万3800円)

1本目は国産時計ブランドの雄、SEIKO(セイコー)から、ダイビングやトレッキングなど、スポーツ、アウトドアシーンに対応する本格機能を備えたブランド、PROSPEX(プロスペックス)の新作をピックアップ。

本作は、そのタフな外胴プロテクターから“ツナ”の愛称でも親しまれるケースデザインをベースに、4Rキャリバーを搭載した「Save the Ocean」シリーズからのエントリー。

▲ケースサイズ:縦幅44×横幅43.2×厚さ12.6mm。重量:104g

今季スペシャルエディションということで気になるモチーフは、保護種にも指定されている“ペンギン”。思わず可愛らしい印象を受けますが、さにあらず。ダイヤル上を泳ぐそのペンギンは、氷の大地から、最初に水中へと飛び出す勇気ある「ファーストペンギン」を表現したもの。

同様に深いブルーをたたえる強化シリコン製ストラップは、彼らが自由に泳ぎ回る海をイメージしています。機械式で、自動巻き・手巻き両方の機能を搭載という機能面も文句なし!

>> SEIKO PROSPEX

 
■ 2. 装着者を冒険の世界へと誘う、武骨なダイバーズウォッチ
CITIZEN
PROMASTER「BN0157-11X」(3万8500円)

夏と聞いて思い浮かぶキーワードの1つに“冒険”があります。いつもの日常から離れて、自然に触れたり、各種アクティビティに挑戦したりと、夏は冒険を思わせる瞬間がそこかしこに。

そんなときに信用できるのが、過酷な環境下にも耐える信頼性と各専門分野で要求される機能性を持つ、CITIZEN(シチズン)のプロフェッショナルスポーツウォッチブランド「PROMASTER(プロマスター)」シリーズであり、その新作がこの「BN0157-11X」です。

▲ケースサイズ:横幅約44×厚さ約11.5mm 重量:90g

ダイバーズウォッチなどの「MARINE(マリーン)シリーズ」に連なる本作は、マットなグレーカラーが武骨な印象を際立たせるケース、異なるトーンのグリーンでコントラストを描き出すダイヤルとベゼルアルミリングと、男心をくすぐるミリタリーフェイスが特徴です。

また200m潜水用防水に加え、太陽光で時計を動かす独自技術「エコ・ドライブ」搭載で、定期的な電池交換も必要なしとタフに扱えるのも嬉しい限り!

>> CITIZEN「PROMASTER」

 
■ 3. 地球環境にも考慮した、バイオマス素材採用の“プロトレック”
CASIO
PRO TREK「PRW-6621Y-1JF」(5万7200円)

近年、地球環境への影響を考慮したプロダクトが盛んに開発されています。幅広いアウトドアシーンで活躍するPRO TREK(プロトレック) クライマーラインからも、腕なじみの良い装着性と高い視認性はそのままに、バイオマスプラスチック素材(ガラス繊維強化樹脂やウレタン樹脂)を、ケース、バンド、裏蓋に採用した新作が登場。

バーインデックスが印象的なタフな見た目ながら、普段使いでも活躍するアウトドアウォッチへと仕上がっています。

▲ケースサイズ:縦幅51.6×横幅51.5×厚さ14.8mm 重量:56g

鮮やかなホワイトに塗られた時分針が配された文字盤は、コントラストを高めることでフィールドでの視認性を追求。その他の搭載機能に関しても、方位、気圧・高度、温度を計測できるトリプルセンサー、ソーラー発電と電波受信機能、フルオート・ダブルLEDライトのスーパーイルミネーターと十分すぎるほど。

さまざまなシーンに対応する、高い機能性と実用性を追求したビッグフェイスモデルをお探しならぜひ。

>> CASIO「PRO TREK」

 
■ 4. ブランド“史上最高傑作”を謳う次世代 GPSウォッチ
SUUNTO
「スント 9 ピーク」(8万2390円)

北欧ブランドならではのミニマルなデザインと数々の機能を搭載し、世界中のアスリートからも高い評価を集める、フィンランド生まれのSUUNTO(スント)。2021年に発売され、ブランド自ら“史上最高傑作”と断言するのが、この「SUUNTO 9 PEAK」です。

見た目はスマート。サファイアガラスやグレード5チタンといった高級素材を組み合わせることで、アウトドアウォッチとは思えない上品な外観が楽しめます。

▲ケースサイズ:縦幅43×横幅43×厚さ10.6 mm 重量:52g

また直径43mm、厚さ10.6mmと極薄・極小を実現し、これまでにないフィット感が味わえるというのもポイント。さらには専用アプリと連動させることで、ヘルスケアやマップデータの取り込みも可能です。もちろん肝心のGPSナビゲーションも高精度。

なによりの驚きは、過酷な条件下で発揮される優れたバッテリー効率と…

関連記事(外部サイト)