Amazonで買えるお値打ちテレビ&プロジェクター6選【人気ネット通販掘り出し物大全】

【人気ネット通販掘り出し物大全】

今年に入り、テレビ市場ではミニLED採用の液晶モデルが注目を集めているが、これは最新モデルの話。手頃で高画質なモデルを探したいところだが、「それが簡単に見つかるわけではない」とオーディオビジュアルライターの折原一也さんは話す。

「テレビはそもそも、安くてハイスペックな機種が存在しにくいジャンルです。単にパネルなどのパーツを組み合わせればいいわけではなく、映像チューニングなどのノウハウも重要。低価格モデルとハイエンドモデルとでは、画質に明確な差が出てくるわけです」

とはいえ、賢く探せば掘り出し物が見つかる。ポイントはメーカーにこだわらないことだ。

「国内の大手メーカー製にこだわらなければ、手頃で画質が十分なモデルは見つかります。東芝レグザの技術を投入しているハイセンスのように、技術に優れたものも少なくありません」

また、最先端のスペックが必要でないなら、型落ちも狙い目。半年から1年ほど前のモデルなら、それほど性能差がないものを手頃に買える。プロジェクターも同様で、メーカーや最新機能にこだわらなければ、お得なモデルが見つかるはずだ。

オーディオビジュアルライター 折原一也さん
PC系出版社の編集職を経て独立。オーディオ・ビジュアル専門誌やWeb媒体、商品情報誌などでトレンド解説や製品レビューなど多彩な記事を執筆している。2009年よりVGP(ビジュアルグランプリ)審査員も務めている

 

■ ■画質も機能も十分なハイコスパテレビ
■ 1. セカンドテレビにも向いたFire TV内蔵モデル
ネット動画中心に楽しみたい人にとってはお得感があるモデル。寝室などに置くセカンドテレビとしてもうってつけです(折原さん)
フナイ
「FL-32HF140」(実勢価格:3万8000円前後)

Fire TV機能を内蔵した32V型HD液晶テレビ。Prime VideoやNetflix、Amazon Musicなどに対応。地上波やBSなどのチューナーも搭載し、独自UIで映像サービスからテレビ番組まで自在に選べる。Alexa対応機器とも連動する。

▲Fire TV付属のリモコンと似たデザインにチャンネル選択用ボタンが追加されている。音声認識にも対応する

 
■ 2. 手頃な4K液晶モデルながら高画質
昨年末発売のモデルですが、現行モデルとほぼ同じ機能でお手頃。画面の明るさや音声も満足できます(折原さん)
ハイセンス
「50U8FG」(実勢価格:10万円前後)

手頃な価格帯で画質も優れた50V型4K液晶モデル。コンテンツに合わせて処理を行うAI対応映像エンジンや、120Hzの倍速パネル、HDR対応など高画質技術が充実。Disney+やNetflixなどの動画サービスにも対応する。

▲直下型LEDバックライトを採用し、液晶パネルとの間に特殊フィルムを挟んで輝度をアップ

 
■ 3. 十分な機能で部屋に置きやすいサイズ
2021年モデルの最も手頃なもので、価格は4K液晶モデルとほぼ変わりません。有機ELテレビを狙っている人にお勧めです(折原さん)
LG
「OLED48A1PJA」(実勢価格:9万5000円前後)

幅107.1cmと部屋に設置しやすいサイズの48V型4K有機ELテレビ。地上波を4K相当にアップスケーリング、映像の種類に合わせてAIで画質を自動調整するなど、高画質機能が充実。各種動画サービスにも対応する。

▲映像が浮いているように見える狭額縁設計。スリムながらバーチャル5.1ch技術で音に迫力がある

 
■ 4. 手が出しやすい価格帯の大画面4K有機ELモデル
現在のテレビ市場ではスタンダードな55型で、4K有機ELタイプがこの価格で買えるのは貴重です(折原さん)
LG
「OLED55A1PJA」(実勢価格:11万5000円前後)

大画面の迫力を楽しめる55V型4K有機ELテレビ。AI対応映像エンジンを備え、地上波からネット動画まで、あらゆる映像を高品位な画質とサウンドに自動調整する。ゲーム用に映像を最適化する機能も搭載。10種以上の動画サービスに対応する。

▲Dolby Atmos対応でサウンド面も充実。AIが映像ジャンルに合わせたサウンド調整を行うバーチャル5.1ch機能も備える

 
■ ■大画面を手軽に楽しめるプロジェクター
■ 5. 多彩なコンテンツを楽しめるAndroid TV搭載モデル
単体で映像サービスを利用できるWi-Fi内蔵でフルHD画質と使いやすいスペック。スピーカーも十分な性能です(折原さん)
Anker
「Nebula Cosmos」(実勢価格:8万9000円前後)

Android TV 9.0を搭載し、単体でYouTubeやNetflixを視聴できるフルHDモデル。最大120インチで投影できる。オートフォーカスや台形補正機能も備え、設置や調整が簡単。USBやHDMIでの接続にも対応する。

▲900ANSIルーメンの明るさで昼夜を問わず鮮明な映像を楽しめる

 
■ 6. どんなコンテンツも高精細かつ滑らかに再生

関連記事(外部サイト)