行商人、編集者、食料雑貨商人…プロユースのバッグをモチーフにしたPORTERコラボコレクション

PORTER(ポーター)とロンドン発のファッションブランド・Toogood(トゥーグッド)によるコラボコレクション第2弾がリリースされました。行商人、編集者、食料雑貨商人といったその道のプロが使うバッグをモチーフに都会的に仕上げた「エディタートート」「グローサーバッグ」「リポーターサッチェル」に加えて、このたび「THE PEDLAR BACKPACK」が新たにラインナップ。

メイン素材には、PORTERを象徴する軽量なボンディング加工を施したナイロンツイル生地を採用し、前面に配置したPORTERのタグとToogoodのブランドロゴの刺繍がデザインのポイントになっています。

▲「THE PEDLAR BACKPACK」

2014年にイギリス人デザイナーのToogood姉妹によってスタートしたブランド・Toogoodは、2人の感性が融合した独自の世界観を持ったウェアやアイテムが人気です。

コラボシリーズの新作「THE PEDLAR BACKPACK」(4万2900円)は、日常使いに最適な容量11L。ペドラー(行商人)が背負っていたバッグをイメージしているそうで、900gと軽く、背負いやすさと使い勝手の良さが特徴です。

フロントに施された特徴的な3つの立体的なパッド入りデザインを背面にも採用することで、快適な背負い心地を実現。メイン収納部には、13インチまでのノートPCやタブレットを入れられるクッション材入りPCポケットを備えます。

▲「THE EDITOR TOTE」

エディター(編集者)が使うバッグをモチーフとした「THE EDITOR TOTE」(3万4100円)にも、11インチまでのPCポケットを装備。

手持ち用の短いハンドルのほか、肩に掛けられる長めのハンドルも備えるなど、使い勝手もバツグンです。

▲「THE GROCER BAG」

「THE GROCER BAG」(2万4200円)は、食料雑貨商人が使うバッグをイメージ。ハンドルのないロールトップ仕様のバッグで、クラッチバッグのように使えます。

中には11インチまでのPCポケットや小物を整理して入れられるポケットを備えていて、ちょっとした外出や、社内での移動時などに活用できます。

▲「THE REPORTER SATCHEL」

「THE REPORTER SATCHEL」(2万8600円)は、細身のブックバッグのようなフォルムで、普段使いに最適なサイズ感。ショルダーストラップは着脱可能で、肩掛けと手持ちの2WAYで使えます。

収納部にはペットボトルなどの収納に便利なポケットや荷物を見やすいクリアポケットなどを備えています。

4アイテムとも、カラーはブラックとカーキの2色展開。ブラックの内装にはサンドベージュを、カーキの内装にはPORTERのブランドカラーであるオレンジを採用しています。

8月3日よりPORTER flagship store(表参道・大阪)、吉田カバンオフィシャルオンラインストアのみで限定発売中です。

>>?PORTER

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆サンダルにミニポーチ付きってユニーク!単体でもちゃんと使えるクオリティは流石!
◆2つの顔を持つPORTERの分割リュックならON・OFFで使い分けられる!
◆バカっと開けてポケットも多い、使いやすそうなPORTER別注バックパック

関連記事(外部サイト)