オレゴニアンキャンパーから車中泊やソロキャンにうってつけな新作がめじろ押し!

かゆいところに手が届く収納アイテムを中心に、お手頃価格でさまざまなキャンプギアを発売してきたOregonian Camper(オレゴニアンキャンパー)。メインカラーや柄に重すぎないミリタリーテイストを用いることで、男前キャンプを目指す人だけでなく、幅広いユーザーから支持されています。

そんなオレゴニアンキャンパーから、キャンプだけでなく車中泊にも役立つ新作アイテム4種類が登場(3740〜8800円)。どれも、こういうのが欲しかった! という、オレゴニアンキャンパーらしいモノばかりです。

▲「メッシュシェード200」WolfBrown

「メッシュシェード200」(5280円)はメッシュ素材で風がほどよく抜けて、残暑でも快適に過ごせるサイトを作れます。日差しをよけるだけでなく、目隠しとしても活躍。

タープやソロテントと組み合わせたり、別途ポールを用意して組み合わせれば、カーサイドタープにもなるなど、汎用性の高いアイテム。カラーはCamo、BlackCamo、WolfBrownの3色で、サイズは140×160cmです。

▲「パディングカーゴシート」BlackCamo

「パディングカーゴシート」(8800円)は、キャンプ後のギアの汚れから愛車を守るタフなラゲッジルーム用シート。パッド(中綿)入りでクッション性に優れ、クルマとギアを傷や衝撃から保護します。

底面にPVCコーティングを施しているため、ギアが濡れていても気にせずクルマに詰め込んでOK。カラーはRealTree、BlackCamo、WolfBrownの3色で、サイズは140×160cmです。

▲「パティングブランケット」

「パティングブランケット」(5940円)は、中綿に軽くて保温性の高いタクティカルファイバーを採用したブランケット。持ち運びやすく通年で使いやすいのが特徴で、表面のデザインはオレゴン州の名峰“マウントフッド”の等高線がモチーフになっています。

カラーはTopo neon、Topo blue、Topo orangeのポップな色使いの3色で、キャンプ時のアクセントになりそう。サイズは190×133cmです。

▲「キャンプクッション」Blackcamo

「キャンプクッション」(3740円)は、ソロキャンプで使いやすいアウトドア仕様のクッション。直径45×高さ7cmで、中綿には高反発素材のVFF(バーティカルファイバーフォーム)を、表生地には撥水性があるポリエステル生地を採用しています。底面はPVCコーティングによって濡れと汚れに強いので、場所を問わず使用できます。

カラーはBlackcamo、RealTreeの2色。

ミリタリー感のある男らしいギアを使って、秋キャンプを存分に楽しみましょう!

>> オレゴニアンキャンパー

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆家でもキャンプでもHARIOのアウトドアシリーズでおいしいコーヒーを
◆体が整うCHUMS×CW-Xのウエアを着てキャンプをもっと快適に過ごしてみない?
◆オレゴニアンキャンパーの人気ギアが大人カラーに!普段使いもしやすいぞ!

関連記事(外部サイト)