まるでアルミ!でも軽量!ゼロハリの意匠を受け継ぐ新世代のスーツケース誕生!

スーツケースブランドとして思い浮かぶブランドのひとつ、ZERO HALLIBURTON(ゼロハリバートン)。上質でスタイリッシュかつタフなスーツケースは、いつの時代も憧れられる存在です。

そんなゼロハリより、新作スーツケース「ZRM」シリーズ(6万9300円~7万4800円)が登場。軽量で高い衝撃性能を持つポリカーボネート素材を採用したボディに金属蒸着フィルムをラミネートし、ブランドの象徴であるアルミニウムケースのような美しい輝きを表現。ひと目でゼロハリだとわかる“ダブルリブ”も健在です。

1938年にアメリカで創業したゼロハリ。これまでに数多くの映画やドラマに登場し、世界中のセレブ達に愛用されています。1969年にはアポロ11号と共に月面着陸し、月の石を持ち帰ったエピソードでも有名です。

そんなゼロハリからは、さまざまなプロダクトが登場していますが、やはり原点はアルミ製のハードスーツケース。新シリーズ「ZRM」は、そんなゼロハリの伝統であるアルミラゲージのメタリックで高級感のあるルックスを受け継ぎつつ、よりタフで軽量にアップグレードしました。

ポリカーボネート素材に金属蒸着フィルムを施したボディは、まるでアルミそのもの。クラシカルでシンプルなデザインの2本のプレスライン“ダブルリブ”は、光を受けて輝きを放ちます。

サイズは一般的な国内線機内に持込み可能な「Carry-On Case 31L/81261」(6万9300円)と、4~6日ほどの旅行に最適な62L容量の「Cabin Size Travel Case/81262」(7万4800円)の2つ。

カラーは、シルバーとシャンパンゴールドの2色で、ハンドルやキャリーバー、その他各パーツは本体カラーに合わせています。

双輪キャスターを採用し、スムーズで安定した走行を実現。ハンドルには、手を放すと静かにゆっくり元の状態に戻るダンパー機構を搭載するなど、細部までこだわって丁寧につくられています。

直営店や公式オンラインストア、取扱い百貨店にて発売中です。

>> ZERO HALLIBURTON

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆最大12枚をピシッと持ち運べる!機内持ち込みサイズのスーツケースにも入りますよ!
◆金属のような質感がリッチ!旅の気分を盛り上げる“プロテカ”最新スーツケース
◆ミニマル、だけど機能的!たくさん荷物を入れられるスーツケースで移動を快適に!

関連記事(外部サイト)