ANC、マルチポイント、高音質!Jabraの新作は機能モリモリなのに高コスパ!

完全ワイヤレスイヤホンにおいて、今や必須機能になりつつあるのがノイズキャンセリング機能。お気に入りの音楽を聴いたり、仕事や勉強、調べものをする際などに周囲の喧騒や生活音といった雑音が一切入らない環境下を簡単に実現できるとあって、イヤホン選びの際にまずノイキャンの有無を確認しているという人も多いのではないでしょうか。

デンマーク発の人気ヘッドセットブランド・Jabra(ジャブラ)より発売中の完全ワイヤレスイヤホン最新モデル「Jabra Elite 5」(1万8480円)は、質の高いサウンド再生に加えて幅広い音域のノイズを除去する高機能のアクティブノイズキャンセリング機能、クリアな通話音声を相手に送る高機能マイクを搭載。ノイキャン付き完全ワイヤレスイヤホンを探しているなら、その選択肢に忘れず入れておきたい一台となりそうです。

20×20.54×27mm、片耳の重さ5gという超コンパクトなサイズに、豊かな表現力を備える6mm径のスピーカー、計6個のMEMSマイク、ハイブリッド アクティブノイズキャンセリング(ANC)機能を搭載。ANCオン時は周囲の雑音を遮断し、音楽を楽しむのはもちろんのこと、作業に集中しやすい静寂な環境を手軽に実現可能です。

MEMSマイクは常に作動する外部マイク(フィードフォワードマイク)と内部マイク(フィードバックマイク)で構成。計6個のマイクが高いノイズキャンセリングを実現するとともに、通話時には風切り音などのノイズを除去したクリアな音声を相手に送ります。

スマホ等への接続はBluetooth5.2で行い、接続範囲は最大10m、ペアリングは6台、Bluetoothマルチポイントにそれぞれ対応。オーディオコーデックはSBC/AAC/aptXとなっており、音質と接続に関する心配は不要です。

また、スマホなどのデバイス経由で専用アプリ・Jabra Sound+による好みのサウンド調整が行える他、Google Fast PairとSpotify Tapの利用が可能。さらに各種音声アシスタント(Amazon Alexa/Siri/Googleアシスタント)にも対応! イヤホン本体へのタッチでさまざまな操作が行えます。

約3時間のフル充電で、再生時間はイヤホン単体で最長約7時間(ANCオフ時は約9時間)。ワイヤレス受電(Qi)対応の充電機能付きケースで計3回のフル充電が行えるため、最大で約28時間再生(同約36時間)と、長時間に渡ってハイクオリティなサウンドが楽しめます。また、10分間の充電で最長約1時間使用できる急速充電や、スリープモードによるバッテリー消費抑制にも対応するなど、便利な仕様も備えています。

3サイズのシリコン製イヤージェルが付属し、耳穴に合った抜群のフィット感を実現。イヤホン本体にIP55相当の防水性が備わっているので、汗や急な雨などの水滴への不安も皆無と、シーンを選ばずにいつでも快適に装着できるのも大きな強みです。なお、カラーはゴールドベージュとチタンブラックの2色をラインナップ。

かなりのハイスペックを搭載しながら2万円に届かない価格で入手できるという、コスパのよさも魅力的な「Jabra Elite 5」。ワンランク上のサウンドライフを、この完全ワイヤレスイヤホンで実現してみてはいかがでしょうか。

>> Jabra「Jabra Elite 5」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆期待以上の静けさ。オーディオテクニカから完全ワイヤレスの最上位モデルが登場
◆OPPOの新作完全ワイヤレスは8000円台で機能モリモリ!
◆仕事もエンタメもこれ1つ!多彩なモードを搭載した完全ワイヤレスが7990円だって!

関連記事(外部サイト)