マットブラックにグリーンが映えるルイ・エラール×ラベルノワールの機械式時計

モダンでアーティスティックなコラボレーションモデルで世界を魅了しているスイスのウォッチブランド、Louis Erard(ルイ・エラール)から、またしても魅力たっぷりのモデルが登場しました。

「Excellence Regulator Limited Edition Louis Erard×Label Noir」(63万8000円)は、その名の通り、ルイ・エラールのアイコンモデル“エクセレンス レギュレーター”をベースに、スイスのカスタムウォッチメーカー・Label Noir(ラベルノワール)が大胆な再解釈でアレンジを施したコラボレーションモデル。マットブラックとアシッドグリーンの近未来的なカラーがアイコンモデルの新たな表情を引き出した、世界で178本の数量限定モデルです。

これまでも、さまざまな時計クリエイターとのコラボレーションをしてきたルイ・エラール。今回タッグを組んだのは、2011年にエマニュエル・クルティがスイスで創設した気鋭のカスタムウォッチメーカー、Label Noir(ラベルノワール)。マットブラックを基調とした独特の世界観の下、さまざまな有名ブランドウォッチのカスタマイズを手掛けるメーカーで、優れた技術は高級ウォッチブランドからも一目おかれる存在となっています。

今回のコラボレーションでは、“エクセレンス レギュレーター”の整理されたシンプルデザインを生かしながら、ウォッチ全体のカラーリングをマットブラックとシルバー、差し色のアシッドグリーンで再構成。

ケースとメインダイヤルはマットブラックPVDで仕上げ、裏側にカーフのライニングが施されたコーデュラナイロンのストラップもブラックに統一。ただし、アワーダイアルのみポリッシュ仕上げ&シルバーのフレームを添えたことで、オールブラックのダイヤルに立体感を生み出しています。

スモールセコンドの針とミニッツトラックのマーカー、ブランドロゴ、ストラップのステッチには、ビビッドなグリーンを添えてアクセントに。

時計を裏返せば、シースルーバックから見えるグリーンのサファイアガラスが強烈な個性を主張。Label Noirらしい都会的な雰囲気が存分に味わえる仕上がりは、時計ファンの心をがっちりと掴みそうです。

>> Louis Erard

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆バウハウスらしい赤青黄が白文字盤に映える軽やかなルイ・エラール新作
◆計算された文字盤デザインが時計としての役目を果たす新作ルイ・エラール
◆文字盤に砂金石と孔雀石を使ったルイ・エラールの2本の限定ウォッチ

関連記事(外部サイト)