実車にはないイエローのハンターカブもまたカッコ良いのです!【達人のプラモ術<CT125ハンターカブ>】

【達人のプラモ術】
フジミ
1/12 ホンダ CT125ハンターカブ
02/04

ホンダ CT125ハンターカブの製作第2回は、ボディカラーを変更してみました。CC110クロスカブではHONDA純正色でイエローがあるのですが、ハンターカブには純正色としてイエローは発売されていないんですね。確かにイメージカラーは赤(グローイングレッド)という印象があるハンターカブですが、模型なら何でもアリ!ということで、マフラーやフロント周り等の工作を進めつつ、赤で成形されたキットの外装パーツをイエローにペイントしてみました。(全4回の2回目/1回目)

長谷川迷人|東京都出身。モーターサイクル専門誌や一般趣味雑誌、模型誌の編集者を経て、模型製作のプロフェッショナルへ。プラモデル製作講座の講師を務めるほか、雑誌やメディア向けの作例製作や原稿執筆を手がける。趣味はバイクとプラモデル作りという根っからの模型人。YouTubeでは「プラモ作りは見てナンボです!「@Modelart_MOVIE」も配信中。

▲こちらがイエロー仕様のCC110クロスカブ。ハンターカブのカラーバリエーションにも加えて欲しいものだ。クロスカブのイエローは檸檬イエローに近いが、作例はもう少しオレンジ味の強いイエローを調色して塗装していく

 
■ ■ハンターカブだからこそカラーもカスタム!
前回紹介したように、キットの外装パーツは実車に近い色のプラで成型されているので、塗装をしなくてもそれなりにリアルな雰囲気が再現できるのが特徴なんですが、ハンターカブといえばカスタムして楽しむバイク(数多くのカスタムパーツやドレスアップパーツが発売されています)ということもあり、実際ボディカラーをカスタムペイントしているハンターカブユーザーは多いです。

余談ですが達人の愛車だったドゥカティPANTA600は、コケて傷がつくたびに、外装とタンクを赤→メタリックレッド→キャンディメタリックレッド→ブラック→メタリックレッドとプラモデル感覚で塗り替えていました(遠い目)。
■ 【Before(実車)】
▲グレーイングレッド仕様のハンターカブ。これはこれでカッコよろしいのだが、人とは違うオリジナルカラーで目立ちたい!
■ 【After(製作中)】
▲というワケで、実車のカラバリではラインナップされていないイエローに塗装。ポップで明るいイメージになった

 

■ ■下地がイエロー塗装のポイント!
キットの成型色は赤。これを黄色に塗り替えるのですが、ここで大事なのが下地色になります。模型用塗料の黄色は隠蔽力(下地を覆い隠す力)が弱く、例えば下地が黒の上に塗装しても黄色はキレイに発色しません、暗く濁った色になってしまいます。赤の上に塗装した場合も同様で、下地の影響を受けて赤みの強い黄色になってしまうんですね。また下地に色ムラがあると、黄色を何度塗り重ねても、色ムラとなって出てきてしまうので要注意です。

そこで下地色として一度白を塗装します。そして黄色を重ねることで本来の色として発色してくれます。ちなみに赤であれば下地はピンクを塗装すると鮮やかな赤を得られます。シルバーは下地にグロスブラック、メタリックレッドならば下地に金色を塗装すると、よりメタリック感が強調できますよ。

今回外装パーツに塗装したイエローは、タミヤラッカー塗料PS-19キャメルイエローをベースにイエローとホワイトで自作調合したカラー(ややオレンジ味があるイエロー)です。

▲赤いプラで成形されている外装パーツは、イエローの塗装に影響を与えないように、下地色として白を塗装する(ホワイトサフェーサーでもOK)

▲下地のホワイトの上から調色したイエローを塗装。イエローは隠蔽力が弱いので塗装は3回塗り重ねている

▲イエロー塗装が完了したパーツ

▲鮮やかさが際立つ

▲イエローを乾燥させた後、HONDAのロゴなどシールを貼り、光沢を出すのとシールの段差を極力目立たなくするためにクリアーを塗装する。しかし湿度のせいでクリアーの光沢が思うように出てくれなかった

▲イエロー塗装の合間を縫って、マフラーやエンジンガードといったパーツも塗装していく

▲塗装後組み上げたマフラーパーツ。シルバーで塗装したマフラーガードの凹部分(軽め穴)はエナメル塗料の黒を流し込んで奥行き感を出した

 
■ ■クローム再現にオススメの塗料
ハンターカブの実車は、クロームメッキされた部分がほとんどないバイクということもあって、キットにはメッキパーツがありません。とはいうもののヘッドライトの内側やウインカー内側など、鏡面で仕上げたい部分があります。

そこで今回は、筆塗りでも鏡面を再現できるメッキ調塗料を使用してみました。LEDヘッドライトはガラス部分が平滑で内部が良く見えることもあって、メッキ調に仕上がるクロームペイントはオススメです。

関連記事(外部サイト)