すっぽり、ぬくぬく。KEENの“冬モック”をデイリーに取り入れよう

秋冬シーズンには、足元を暖かく包んでくれるシューズが必須! 本格的な寒さがやってくる前に、快適で暖かいシューズをチェックしておきましょう。

KEENのモックシューズ「HOWSER」シリーズ(8800円)は、抜群のクッション性と履き心地の良さから、キャンパーを中心に根強い人気を誇るシューズ。今年は新色として、ファーやコーデュロイ、ベルベッドやフェルトなどのあったか素材を纏ったモデルが登場! 暖かくて着脱もしやすいシューズは、アウトドアだけでなく、屋内でも活躍してくれそうです。

▲「HOWSER 3 SLIDE」

“バンジーコードシステム”で、フィット感の調整が簡単にできる「HOWSER 3 SLIDE(ハウザー スリー スライド)」(8800円)には、ファー、コーデュロイ、ベルベッド、フェルト、リサイクルPET素材が新ラインナップ。

メンズモデルには、コーデュロイ素材の“Bison Cord/Toasted Coconut”、リサイクルフェルト素材の“Black Iris Felt/Magnet”、リサイクルPETを採用したシンプルな“Plaza Taupe/Red Carpet”と、キルティング加工を施した“Canteen/Plaza Taupe”の4色が登場しています。

いずれも、中敷には空気をセル状に組み込んだKEEN独自の“LUFTCELLポリウレタン”を採用。空気を含ませることでクッション性が向上しているだけでなく、原料の使用量の削減にもつながっています。

また、中敷にはプロバイオティックスを採用したケミカルフリーの防臭加工が施されているので、長く履き続けてもイヤなニオイが発生しづらく、快適性をキープ。

靴下のような履き心地の「HOWSER 3 SLIDE」は、室内履きとしても人気の一足。底冷えする冬も、おうち時間を暖かく、楽しく演出してくれそうです。

▲「HOWSER 2」

ウィメンズモデルには、ファー素材の“Canteen/Canteen”、“Moco Safari”なども登場。ほかにも、ベルベッド素材の「HOWSER 2」(9900円)や、車のレザーシートの端材をアップサイクルした“HOWSER HARVEST (ハウザー ハーベスト)”などが、ウィメンズモデルの新色として登場しています。

HOWSERシリーズの新色は、すでにKEEN直営店、KEEN公式オンラインストア、各取扱店にて販売中です。

>> KEEN

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆ハイキング初心者に推薦。クッション性と防水性に優れるKEENの新作ハイクシューズ
◆デザインコンセプトは“石”!? KEENのコラボサンダルはまさに“ユニーク”!
◆幅広な指先と高いフィット感を両立したKEENの軽量トレイルシューズ

関連記事(外部サイト)