SHAKAの新作ブーツは秋冬の街やアウトドアにピッタリ!

SHAKAより、実用性とファッション性を兼ね備えた秋冬新作ブーツ3モデルが登場。

難燃性と撥水性に優れた「TREK ZIP BOOTIE AT(トレックジップブーティーAT)」「SWAMP CHELSEA MT(スワンプチェルシーMT)」、高機能素材の中綿入りでさらにボリュームアップした「SNUG BOOTIE AT(スナッグブーティーAT)」(各1万7600円)の3モデルは、街歩きからアウトドアまで、さらには晴れの日から雨の日まで幅広く活躍します。

▲「TREK ZIP BOOTIE AT」

「TREK ZIP BOOTIE AT」は、SHAKAのサイドゴアブーツをアップデートさせた一足。デザインのポイントになっているフロントのYKK AquaGuard止水ファスナーに、開閉しやすいプルストラップを付属し、アウトドア感もプラスしています。レッグ(筒)部分は細いデザインでスタイリッシュな印象に。

アッパーには難燃加工のFLAME STOPPERと撥水加工の3M Scotchgardを施しているので、雨や焚き火の火の粉からもしっかりガード。トウ部分に補強したTPUシートとの境目にはステッチを入れることで強度を高めつつ、デザイン性もアップしています。

インソールには抗菌・防臭効果があり、通気性とクッション性の高いSHAKA IN-FOAMを搭載。

アウトソールには屈曲性とグリップ力に優れた全地形対応のATソールを採用し、オールラウンドに履きまわせます。カラーはBLACK、LINEN/TAUPE、TAUPE/ARMYの3色展開です。

▲「SWAMP CHELSEA MT」

悪天候でも履けるダックブーツをサイドゴア仕様にした「SWAMP CHELSEA MT」。アッパーにはオイルドレザーのようなしっとりとした風合いの合皮を採用し、「TREK ZIP BOOTIE AT」と同じく難燃加工と撥水加工を施しています。

センター部分にはクリッピング(癖づけ)し、高級感のあるシルエットに。履き口にはプルストラップを付属し、脱ぎ履きしやすい仕様になっています。

甲を大きく覆う印象的なシェルには、軽量化、防水性、断熱性、クッション性に優れたEVAインジェクションを使用し、水の侵入を防止。また丸みのあるトウをコンパクトにすることで洗練された印象に仕上げています。


そして特徴的なのが、泥やぬかるみなどの悪路やオフロードでの使用を想定したMTソール(MUD-TERRAIN)。オールラバーのアウトソールに水はけの良いシャークトゥースパターンを施し、あらゆる路面で高いグリップ力を誇ります。インソールにはSHAKA IN-FOAMを搭載。カラーはBLACK、MOCA、TAUPEの3色展開で、10月より順次発売予定です。

▲「SNUG BOOTIE AT」

SHAKAの冬の定番である「SNUG BOOTIE AT」はさらにボリューミーに。

ダウンジャケットのようなアッパーは、履いた瞬間足をふわっと包み込み、即座に暖かさを感じられます。断熱性、透湿性を備える高機能素材3M THINSULATEとスポンジの中綿層構造を見直すことで、暖かく蒸れにくくボリュームアップを実現しました。

アッパーは撥水性と透湿性に優れたCOMFORTAS WRと再生PET素材のECOPETを組み合わせたサステナブルファブリックに変更。

ドローコードで履き口を絞れば冷気をシャットアウトでき、さらにウェビングベルトでホールド感を高めることも可能。

長時間履いても疲れにくいクッション性のあるATソールは、寒い日の外出や旅行にもピッタリ。カラーは、BLACK、ARMY/BLACK、TAUPE/ARMY、LINEN/TAUPEの4色展開で、2022年10月より順次発売予定です。

3モデルとも、サイズは22.0~30.0cm展開。ユニセックス仕様なので、パートナーや家族でお揃いにもできそうですね。

>> SHAKA

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆SHAKAらしいアウトドアスペック搭載の最新シューズは悪路だって問題なし!
◆SHAKAのスライドサンダルは難燃&撥水加工でキャンプや秋冬の近所履きにぴったり!
◆色やディテールにBRIEFINGらしさあふれるSHAKAのコラボサンダル登場

関連記事(外部サイト)