NANGA×Gramicciならではの動きやすいダウンウエアで冬のアウトドアを快適に

アウトドア好きなら誰もが知る国産ダウンの老舗・NANGA(ナンガ)とクライミングウエア開発をルーツに持つ人気アパレルブランド・Gramicci(グラミチ)による夢のコラボ商品が今年も登場! 今シーズンはセットアップ可能なダウンパーカ&パンツ、フリースウエア、シュラフなどがそろっています。

強力なカリスマ性を持つ2ブランドのコラボとあって、優れた品質とデザインはいうに及びませんが、特に注目したいのがこれまでにないダイナミックな色使い。はっと目を惹くライムイエローのセットアップ、美しい稜線を大胆なカラーで切り替えたフリースウエアは必見です。

まずはNANGAの代名詞ともいえるダウンアイテムからご紹介。「UL PORTABLE DOWN ZIP PARKA」(4万1800円)と「UL PORTABLE DOWN PANTS」(2万7500円)は、軽くソフトなリサイクルナイロン素材を表地と裏地の両方に使用。860フィルパワーの最高級ダウンを封入した柔らかな着心地のパーカー&パンツです。

▲「UL PORTABLE DOWN ZIP PARKA」

ジャケットはアウターやミッドレイヤーとしても活用できるボリュームで、腕は袖部分に施した立体的なパターンワークによって動きやすさ抜群。

▲「UL PORTABLE DOWN PANTS」

パンツには、あえてテーパードを入れずにゆったりしたストレートシルエットを採用するなど、暖かさとともに着用中のリラックス感や快適さを配慮。足下をすっきり見せたいときには裾に入れたドローコードを絞ればOK。スタイリングの変化も楽しめます。

注目のカラーですが、今年はベーシックなブラックのほか、トレンド感のあるライムイエローが登場。タウンユースでも悪目立ちしすぎない絶妙なカラーは、単体で着用してコーディネートの差し色にしてもいいし、アウトドアシーンならセットアップでインパクトのある着こなしを楽しむもよし。どちらもコンパクトに持ち歩けるパッカブル仕様なので、アウトドアや旅先にひとつ持っていけば、いざというとき便利です。

「RIDGELINE JQ FLEECE ZIP BLOUSON」(2万2000円)と「RIDGELINE JQ FLEECE ZIP VEST」(1万9800円)は、その名の通り屹立する尾根の稜線をふっくらとしたジャカード織のフリース素材で表現したフリースウエア。

▲「RIDGELINE JQ FLEECE ZIP BLOUSON」

ターコイズ×パープル×ブラックの大胆な配色は、NANGAの旧ロゴにちなんだもの。90年代テイスト溢れる大胆なカラーは、アウトドアでもタウンでも視線を独り占めできそうです。

▲「RIDGELINE JQ FLEECE ZIP VEST」

このほか、実用性の高いイヤーパッド付きのオリジナルキャップ「AURORA BOA FLEECE MOUNTAIN CAP」(6600円)、ダウンと同じブラック×ライムをインナーに配したサステナブル仕様のスリーピングバッグ「UL MOUNTAIN LODGE BAG」(3万3000円)など、Gramicciのブランドルーツにあるクライミングカルチャーへのリスペクトを随所に感じるラインナップがずらり。

▲「UL MOUNTAIN LODGE BAG」

取り扱いはNANGA直営店およびオンラインストアのみ。気になったアイテムがあればぜひチェックしてみてくださいね。

>> NANGA

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆NANGAのコーチジャケットは秋の羽織物にピッタリ!ちなみに裏起毛ですよ!
◆秋キャンプ、朝夜は寒し。POLER × NANGAのアツいコラボで心も体もポッカポカ!
◆ぺったんこになった羽毛布団をNANGAの布団にアップデート!

関連記事(外部サイト)