PC作業やスマホ操作で猫背、巻き肩に…。だったら姿勢補正バンド使ってみる?

現代人の健康問題のひとつが姿勢の問題。背中が丸まってしまう猫背や、肩が正常な位置よりも前に出てしまう巻き肩などは、長時間のPC作業やスマホ操作により起こりやすく、スマホ首(ストレートネック)と呼ばれる症状を引き起こすこともあります。いずれも、体全体が長い時間前傾姿勢になることで、首や肩など一部の筋肉に不要な負担を与えることになります。

そこで注目したい製品がクラウドファンディングサイト・GREEN FUNDINGで先行発売中のスウェーデン生まれの姿勢補正バンド「Flexi Posture Brace」(6600円~ 10月3日現在)。スウェディッシュポスチャー社の開発した“姿勢調整テクノロジー”により生み出された、1日に1~3時間ほど身に着けるだけで正しい姿勢をキープできアイテムです。

姿勢補正サポーターと呼ばれる製品は衰えた筋肉の負担を和らげるタイプが多く、頼りすぎると衰えた筋肉をより使わなくなるため、結果的に姿勢が悪化してしまうという本末転倒の事態も。

猫背の場合は背中がまっすぐ伸びるように、巻き肩の場合は肩が後ろに引っ張られて背骨が理想的なS字カーブを描くように力が働きます。

正しい姿勢の維持に必要な体幹も無意識に鍛えられていき、最終的には「Flexi Posture Brace」を装着せずとも正しい姿勢を維持できるようになります。

従来のサポーターと異なり、1~3時間の着用でOK! 1日中身に着けなくて良いため、熱気や蒸れで悩まされることはありません。なお、洗濯機で洗えるので、常に清潔にさをキープできます。洗濯ネットに入れて、中性洗剤を使用すればほかの洗濯物と一緒に洗えるので便利。

また、本製品はマジックテープで簡単に長さを調整できるため、どんな体型の人でも利用可能。肩パットがあるため、ベルトが体を締め付ける際にも肩にかかる負担はほぼありません。その上、ベルトの素材は肌に優しいコットンがベースとなっており、肌が弱い人でも安心して使用できます。

ちなみに、本製品を装着してもジャケットなどの上着を羽織れば装着感はゼロ。通勤中やデスクワークの最中、帰宅時のリビングなどでも、正しい姿勢を維持するための体幹をさりげなく鍛えられます。

特にウォーキングやトレーニングジムの習慣がある人には、運動中に着用することで正しい筋肉をつけることにつながり、理想的なプロポーションを目指せるかも。

>> GREEN FUNDING「Flexi Posture Brace」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆特許技術で浮き指対策!履き心地◎なリカバリーサンダルで良い姿勢を目指そう
◆履きながら体幹を鍛えて体のバランスを整えよう!
◆座れば自然と良い姿勢!“お尻のまくら”で無理のないデスクワークを!

関連記事(外部サイト)