マムートの新作バックパック&ウエアに黒×赤のマンモスロゴが復刻!

スイス発の老舗アウトドアブランド・マムートが、1995年から2019年までに使用していた旧タイプのロゴをあしらった「クラシックロゴ カプセル コレクション」の展開をスタートしました。

2022年秋冬アイテムとして発表されたのは、バックパックの人気モデル3型(1万9250円~)とアパレル3型(8800円~)の全6型。赤い円の中にブラックのマンモスが描かれたコントラストが際立つ旧ロゴが、オールブラックのボディに映えます。

バックパックのラインナップは、「Ducan Spine 28-35 Classic(デュカン スパイン 28-35 クラシック)」(2万9700円)、「Lithium 30 Classic(リチウム 30 クラシック)」(1万9250円)、「Seon Transporter 25 Classic(セオン トランスポーター 25 クラシック)」(2万1450円)の3モデル。

▲「デュカン スパイン 28-35 クラシック」

「デュカン スパイン 28-35 クラシック」は、マムート独自の背面可動システムであるアクティブ スパイン テクノロジーを搭載。体の動きに合わせてショルダーハーネスとヒップベルトが連動して動くこのサスペンションシステムにより、自然な歩行をサポートし、体への負担を軽減します。

28~35リットルの範囲で自由に容量を調節できるのも特徴。背面には隙間ができる構造で、背中の蒸れも解消します。

▲「Lithium 30 Classic」

「Lithium 30 Classic」は、ハイドレーションシステムに対応し、軽いハイキングから登山まで活躍。主にリサイクル素材を使用し、PFCフリーの耐久撥水加工を施すなど、環境にも配慮されています。軽いショルダーパッドと背面に搭載した3D EVAフォームのエアチャンネルが通気性を確保。

▲「Seon Transporter 25 Classic」

「Seon Transporter 25 Classic」は、背面にPC専用スペースが設けられているので通勤・通学、出張時に最適。“From Work To Climb”のコンセプトのもと、ジム通いやアウトドアにも対応するようつくられています。上部とサイドに持ち手を設け、縦にも横にも持つことができるのも便利。

▲「Roseg IN Hooded Jacket AF Men Classic」

アパレルコレクションは、750フィルパワーのグースダウンを使ったRDS認証の「Roseg IN Hooded Jacket AF Men Classic(ロセグ IN フーデッド ジャケット AF メン クラシック)」(5万2800円)。

▲「Yadkin SO Pants AF Men Classic」

ストレッチ性が高く裏肝で暖かい「Yadkin SO Pants AF Men Classic(ヤキン SO パンツ AF メン クラシック)」(2万900円)、速乾素材を使用した汎用性の高い「QD Logo Print Longsleeve T-Shirts AF Men Classic(クイックドライ ロゴ プリント ロングスリーブ Tシャツ AF メン クラシック)」(8800円)の3アイテムをラインナップ。

 

▲「QD Logo Print Longsleeve T-Shirts AF Men Classic」

「Seon Transporter 25 Classic」と、ダウンジャケット、パンツは10月下旬より発売、そのほかは10月上旬より順次発売中です。

>> MAMMUT

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆登山に強いマムートらしい“動きやすさ”にこだわったダウンジャケット
◆やっぱマムートは黒×赤がしっくりくる?旧ロゴってなんかそそるよね
◆肩も腰も左右に動く!新システムで負担を軽減したマムートの新作バックパック

関連記事(外部サイト)