この冬、買うなら絶対ジャパニーズウォッチ!【冬の最優秀ベストバリューモノ】

【冬の最優秀ベストバリューモノ】

いま時計を買うなら絶対に見逃せないのが、独自のデザインや高機能が自慢のジャパニーズウォッチ! アンダー10万円モデルの最新トレンドは、“懐かしくてカッコイイ”1970〜’80年代風のレトロテイストだ。

*  *  *

■ <アンダー10万円>
■ ■ダッチオーブンを彷彿させる文字盤&メタルベゼルの角型ケースが新鮮
CASIO
「プロトレック PRW-6900Y-3JF」(6万8200円)

その場の自然をできるだけ利用してアウトドアライフを楽しむ「ブッシュクラフト」の世界観を、精悍なデザインで採り入れた新作。ケースや裏蓋、ストラップなどの樹脂素材には、地球に優しいバイオマスプラスチックを採用。キャンプに行く気分が高まる1本だ。

▲方位計、高度計、気圧計、温度計と、機能が充実

【SPEC】
世界6局対応・電波ソーラークォーツ
樹脂ケース&SSベゼル
ケースサイズ 49.5×44.8mm
バイオマス樹脂ストラップ
耐低温仕様 -10°C
10気圧防水

 

■ ■アナデジ時代を象徴する1982年の名作が待望のリバイバル!
CITIZEN
「シチズンコレクション レコードレーベル サーモセンサー Ref. JG2126-69E」(3万4100円)

1982年に発売された「サーモセンサー」のリバイバル版。クルマや飛行機の計器パネルを思わせる、どこかトイ感が漂うアナデジ文字盤が新鮮。お手頃価格なのに感動的なブレスレットの細かい造り、上質な仕上げに注目!

 
■ ■レトロなスポーティテイスト 内転リングが機能的でオシャレ!
ORIENT
「ネオクラシックスポーツ RN-AA0E07B」(4万9500円)

レインボーカラーのブロックパターンインデックスや太い針、ブラックのクッション型ケース、4時位置のリュウズで動く内装回転リングなど、世界で人気だった1960〜’70年代モデルのデザインを見事にリミックス。あらゆる世代にオススメしたい。

【SPEC】
自動巻き(手巻き付き)
ブラックコーティングSSケース
ケース径43.5mm
レザーストラップ
20気圧防水

 
■ ■1969〜’70年代の傑作「スピードタイマー」のテイストを再現!
SEIKO
「プロスペックス スピードタイマー ソーラークロノグラフ SBDL095」(7万9200円)

1969年、セイコーが世界で初めて発売した自動巻きで垂直クラッチを搭載した伝説のクロノグラフ「スピードタイマー」。その機能と雰囲気を、使いやすいソーラー駆動で実現した新作。時分針やインデックスをはじめ、原型モデルのスタイルやテイストを踏襲したレトロな文字盤もおしゃれ!

▲カラーはシルバー&ブラック、ブルー&レッド、ブラック&レッドの3種類。ブレスレットの造りも当時より上質で快適に装着できる

▲時分針やすべてのインデックスに高い蓄光性能を備えたルミブライトが塗布され、暗い場所での視認性が高い

【SPEC】
ソーラー駆動クォーツ
SSケース&ブレスレット
ケース径41.4mm
10気圧防水

 
■ ■8角形ケースの人気アナデジモデルがフルメタル化して“大人の風格”に!
CASIO
「G-SHOCK GM-B2100 D-1A」(7万1500円)

1983年に始まるG-SHOCKの傑作のひとつ、8角型ベゼルのアナデジモデル「2100シリーズ」がフルメタル化。樹脂モデルとは異次元の存在感は、数十万円、数百万円の高級時計と比べても見劣りしないレベル。スマートフォンリンク機能搭載で、時計としての使いやすさも抜群だ。

▲9時位置にアナログ針で機能を表示。3時から6時位置にデジタルディスプレイを配する文字盤デザインもクール!

【SPEC】
スマートフォンリンク機能搭載ソーラークォーツ
SSケース&ブレスレット
ケース径44.4mm
20気圧防水

 
■ <アラウンド30万円>
30万円前後のジャパニーズウォッチには、一生使えるモノが続々と登場! このコスパの高さはさすが日本製。

 
■ ■野球好き、MLB好きなら見逃せない!大谷翔平選手104年ぶりの偉業を記念した特別限定モデル
SEIKO
「セイコー アストロン Nexterシリーズ 大谷翔平 2022限定モデル SBXC125」(30万8000円 ※限定1700本)

メジャーリーグで2022年にピッチャーとして15勝、バッターとして本塁打34本など前人未到の偉業を達成した大谷翔平選手。これを記念した「セイコー アストロン」の特別モデルが、1700本限定で登場。機能もカラーもすべてが魅力。欲しいと思ったら迷わず買い! の1本。

▲「Limited Edition」の文字と大谷選手のサイン、そしてシリアルナンバーをケースバックに刻印。スペシャルボックスも付属

▲エンゼルスのビジターユニホームと同…

関連記事(外部サイト)