強力モーター搭載の「電動空気入れ」でエアマット使用時の手間を軽減!

ゴムボートや布団サイズのエアマットを使う際、あると便利なのが電動空気入れ。近年はラインナップがそろっていますが、やっぱり欲しいのはコンパクトでパワフルに空気を送り込めるものですよね。

そんなニーズに応えるのが、エアポンプ、クリーナー専門メーカー・Gussdo(グスト)が開発した電動空気入れ「Gussdo GV30エアポンプ」(5380円~ 1月25日現在)です。小型ながらハイパワーで空気を送り込めるワイヤレスタイプ。アウトドアから自宅まで、シーンを問わず使えるナイスなアイテムです!

サイズは高さ94×幅65×奥行き67mmで、重さは298g。付属のUSB-Cケーブルで充電できるワイヤレスタイプです。軽量かつコンパクトなので、持ち運びはもちろん置き場所にも困りません。

メイン機能の“空気入れ”に加えて、“空気抜き”と“LEDライト”も搭載しているのが特徴。

“空気入れ”は、空気注入圧力値が5.0kPa、毎分330リットルの空気を送る“ハイモード”と、同2.0kPa、毎分195リットルの空気を送る“ローモード”の2段階仕様。付属のノズルを付ければ、浮き輪やエアマットレス、ゴムボートなどのアイテムにも短時間で空気を注入できます。

ハイパワー小型モーターによる強力な空気噴出を利用すれば、焚き火の火起こし時の風送や、ゴミを吹き飛ばすエアダスター代わりにも使用可能。ただし、自転車やバイク、自動車のタイヤへの空気注入には対応していません。

“空気抜き”は、膨らませたアイテムや布団の圧縮袋の空気抜きに活躍。空気を吹き出す力と同じ5.0kPaの強力な吸引力で、あっという間に空気を吸い出します。

“LEDライト”は本体の底面に配置。明るさは50ルーメンと100ルーメンの2段階で調節でき、懐中電灯やランタンとしても使えます。点滅モードも備えており、非常時の注意喚起にも便利。

内蔵バッテリーは3000mAhで、フル充電時は浮き輪を35個、ヨガボールを29個、エアマットレスをシングルサイズで35枚も充填できます。LEDライトは100ルーメンで最大約20時間、50ルーメンで最大約30時間の連続点灯が可能。各種操作は底面に配された2種類のスイッチで直感的に行えるので、機械が苦手な人でも安心です。

小型ながらパワフルで、空気抜きにも対応。ライトも搭載するなど、実用性の高い「Gussdo GV30エアポンプ」。現在Makuakeで先行予約受付中です。

>> Makuake

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆空気入れ・抜き、火起こし、掃除…超小型エアポンプってこんなに便利!
◆空気を入れれば、背もたれとアームレスト付きの立派なソファに大変身!
◆クルマのタイヤがあっという間にパンパンに!パワフルなコードレス空気入れが登場

関連記事(外部サイト)