漕ぎ方と立ち方のコツさえ覚えれば心地良い海上散策を楽しめる【とことん楽しむ海遊びギア】

【とことん楽しむ海遊びギア】

冷房が効いた部屋で過ごす日々もいいけれど、梅雨のモヤモヤ気分をサッと忘れるためにも、やっぱり夏は海で思いっきり遊びたいところ。そこで、今年こそ始めたいマリンスポーツの“SUP(サップ)”をはじめ、魅力的な海遊びをおすすめのギアとともにご紹介! 持っていくと便利で機能的なアイテムも集めたので、これまで以上に快適で楽しい夏を満喫しよう!!
■ ■SUPを乗りこなす
梅雨明け後は夏空が広がり、全国的に平年よりも厳しい暑さが予想されている2023年の夏!避暑地でのキャンプやハイキングも人気ですが、暑いからこそ楽しみたいのが水遊びです。

プールや磯遊びをはじめ、スキューバダイビングやシュノーケル、カヌー・カヤックなど水遊びの種類はたくさんありますが、今年挑戦するなら、ボードの上に立ってパドル1本でスイスイと心地良い水上散歩が堪能できる「SUP(スタンドアップパドルボード)」がおすすめ!

もともと手軽に楽しめるウォータースポーツとして人気でしたが、真夏の海を舞台にしたフジテレビ系の“月9ドラマ”『真夏のシンデレラ』が始まったことでますます注目度がアップ。人気の若手俳優たちが気持ち良さそうにSUPを楽しんでいるシーンを見れば、それはもう、自分も始めたくなってしまいます。

しかも、SUPは特別なスキルを必要とせず、コツさえ掴めば誰でも乗りこなせるのが大きな魅力。その“コツ”となる部分をSUPインストラクターの篠塚さんにしっかりお伺いしてきたので、ぜひ参考にして今年の夏はSUPライフを満喫してください!

SUPインストラクター・篠塚由紀子さん
SUPA(スタンドアップパドル協会)ベーシックインストラクター兼アウトドアフィットネス協会公認ベーシックインストラクター。神奈川県・逗子の「フェザーファクトリー SUPスクール」のスタッフとして、ピラティスをはじめ、SUPのエクササイズ的な楽しみ方を広めることに尽力

■ ■最初に覚えておきたいSUPの基本

ボードの上に座るにしても立つにしても、大切なのはボードの真ん中に位置を取ることです。基本的には、ボードを持ち運ぶ際に使用するキャリーハンドルが真ん中。これを目印にすれば、バランスが取りやすく安定感がアップします。

漕いでも漕いでもなかなか進まない…そんな初心者にもっとも多いミスが、パドルの向きの間違いです。パドル先端のブレードを横から見ると、少し反っているのが分かります。この上に反っている方を前に向けて漕ぐのが、正しいパドルの使い方です。

 

パドルは利き手で上部を持ち、反対の手でシャフトの中央あたりを握るのが基本です。パドルによっては先端にグリップが付いているので、立って漕ぐ時は利き手で握るように持つと操作がしやすくなります。利き手と反対の手の間隔が短すぎると漕ぐ力がパドルに伝わりにくいので、漕ぎにくさを感じる時はシャフトを握る位置を調整しましょう。
■ ■まずは座った状態で漕ぎ方をマスター

漕ぐ時はヒジを真っすぐに伸ばしたまま、体重をかけて利き手を振り下ろすように漕ぎます。ブレード部がすべて水中に沈むぐらい深く漕ぐことを心掛け、直進の際は、パドルを垂直に立てボードの横スレスレを漕ぎましょう。

ブレード部分が自分よりも後ろまでいったら、パドルを海から抜いて再び前に。腕の力ではなく、体全身を使って漕ぐことで大きな推進力が得られます。

曲がる時はパドルを水平気味にし、大きく弧を描くように漕ぐのがポイント。右に曲がるならパドルの左側、左に曲がるなら右側を漕ぎます。また、ブレーキを掛けたい時は、ブレードを水中に差し込むように垂直に立てたままにしましょう。

座って漕ぎ方をマスターしたら、陸上で立って練習。立って漕ぐ場合も同様。ヒジを真っすぐに伸ばしたまま、体重をかけて利き手を振り下ろすように漕ぎます。

自分よりも後ろまでブレード部分がいったら、海から抜いてパドルを再び前に持ってきます。腕の力ではなく、体全身を使って漕ぐイメージで。
■ ■立つ時はボードの真ん中を意識して

座った状態でパドルを持ったまま自分の前に置き、四つん這いになります。この時、パドルはボードに対して横向きな状態。両足はキャリーハンドルと横一列に並ぶように置くといいでしょう。

腰の幅と同じぐらい足を開き、両足のつま先は正面に向けたまま、ゆっくりと腰を浮かすようにして立ち上がります。バランスをとろうとして咄嗟に足を開いてしまう人がいますが、腰幅以上に開くと逆に安定感を失うので気を付けましょう。

背筋を伸ばして胸を張るように立ちます。立ち上がった後は、パドルを構えて軽く膝を曲げるのがポイント…

関連記事(外部サイト)