ファーウェイのメガネ型オーディオに新型登場!もちろん度付きレンズも付けられますよ

Robot Icon

AIざっくり要約

  • HUAWEIからメガネ型オーディオデバイスであるHUAWEI Eyewear 2が発売された。
  • 機能性がアップグレードされた新モデルではスピーカー性能が強化され音質が向上した。
  • 度付きレンズやサングラスレンズも着脱可能で、スポーツからビジネスまで幅広いシーンで利用できる。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

HUAWEIより昨年登場したオーディオグラス「HUAWEI Eyewear」は、出かける際に必要なメガネとイヤホンというふたつのアイテムが一体になった画期的なプロダクトとして注目を集めました。

そしてこのたび、待望の新作「HUAWEI Eyewear 2」(3万7800円~4万7800円)が登場。マイクの収音能力やバッテリー容量の向上、音漏れの改善など機能性がアップデートされ、さらに使いやすくなりました。

デザインは定番のウェリントン型で、レンズの上部のみにフレームを施したハーフリムタイプ。テンプル部分にアセテート樹脂とメタルプレートを使用したブラック(市場想定価格3万7800円)と、リム部分にβチタン合金を採用してシリーズ最軽量の約4.7g(レンズ含まず)を実現したチタニウムシルバー(市場想定価格4万7800円)の2タイプをラインナップしています。

テンプルは約9.7㎜と、前製品よりも約20%スリムに。どちらも柔軟で変形しにくく肌に優しい素材で、テンプルは幅広い輪郭にフィットするよう人間工学に基づいて設計されています。

そして、テンプル部分には、新たに同一指向型デュアル振動板スピーカーを搭載。オーディオ音声の強化とスピーカーの振動幅の増加により、低音域の迫力が増して高周波帯域幅が拡大し、きめ細やかで豊かな音質を実現しています。

また、上下対称にスピーカーを搭載することで、耳にピンポイントでクリアな高音質を届けつつ、周囲への音を打ち消して音漏れをより軽減する設計に。

さらに、自動的に周囲の環境音を識別して静かな環境では自動的に音量を小さくする機能も搭載しています。耳を圧迫せず周囲の音を聞き取れるオープン型デザインなので、街中で装着するのに最適です。

従来モデルよりも口に近い部分にデュアルマイクを配置し、集音能力をアップ。風ノイズ低減設計によってクリアな音声通話ができます。

操作もテンプルの左サイドをタッチするだけと簡単で、タップやダブルタップで音楽再生や着信応答などができる仕様です。ふたつのデバイスに同時接続し、必要に応じて自動的に接続切り替えを行ってくれるマルチポイント機能も搭載しています。

バッテリー持続時間も大幅に向上。マグネット式急速充電で約50分でフル充電でき、最大11時間の音楽再生、または最大9時間の音声通話が可能です。

全国のOWNDAYS(オンデーズ)店舗で度付きレンズやサングラスにも変更可能(料金別途)。雨や汗に強いIP54の防塵防滴性能を備えているので、ビジネスからアウトドアまで、幅広いシーンで活躍してくれます。

>> HUAWEI

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆「HUAWEI WATCH 4」は通話やメッセージ送受信もできる!ちょっとの外出ならスマホなしで良いかも
◆スピーカー付きメガネ「HUAWEI Eyewear 2」のOWNDAYSモデルは度付きレンズの追加料金0円!
◆さすがフラッグシップ。「HUAWEI FreeBuds Pro 3」は高音質、強力ノイキャン、通話もクリア!

関連記事(外部サイト)