「ザクとは違うのだよ!」って言いたくなるミリタリージャケット

「ザクとは違うのだよ!」って言いたくなるミリタリージャケット

「ザクとは違うのだよ!」って言いたくなるミリタリージャケットの画像

かつて一世風靡したMA-1といえば「ALPHA INDUSTRIES(アルファ インダストリーズ)」を思い出す人も多いでしょう。この有名ミリタリーブランドと『機動戦士ガンダム』とのコラボに新デザインが登場しました。

今回のデザインは、孤高の戦士ランバ・ラル! ラルのイメージカラーであるネイビーブルーを基調に、いぶし銀な魅力を全面に醸し出す渋い作りです。ガンダムファンにオススメはもちろん、一般的なファッションアイテムとしてもハイレベルな出来栄えですよ。

 

ガンダムの世界観を取り入れたアパレルショップ「STRICT-G(ストリクト ジー)」にて、ALPHA INDUSTRIESの代表的アイテム・「M-65」と『機動戦士ガンダム』とのコラボレーションモデル「ジオン軍 ランバ・ラル隊モデル/ランバ・ラルモデル」(各3万6300円)が発売されました。

「ALPHA INDUSTRIES」とは、1959年設立のミリタリーブランド。Aのロゴマークを見れば、誰もが「ああ、MA-1のブランドだ!」とわかることでしょう。

アメリカ軍の優良な供給者であった実績だけでなく、常に最先端のアイテムをデザインする先駆者としての地位を確立、今ではアメリカンカジュアルにはなくてはならないブランドのひとつでもあります。

M-65フィールドジャケットは、優れた機能性とシャープなシルエットが特徴。ウエストや裾にはコード内蔵で、フードを内蔵したスタンドカラー、胸とウエスト部分に配置された4つの大型ポケットなど機能性に優れた作りは、多くのフィールドジャケットスタイルの基礎となっており、40年以上にわたり米軍の現用モデルであり続けています。

「ジオン軍ランバ・ラル隊モデル」は、一年戦争時、ジオン公国軍における宇宙機動軍所属の部隊として、ジオン軍大尉ランバ・ラルが率いた部隊をイメージ。そのデザインは、左胸に“PRINCIPALITY OF ZEON FORCES”、左腕にはジオン軍マークの刺繍エンブレムパッチが縫い付けられています。加えて、右ポケット及び背中内側にもステンシル風ロゴがデザインされており、世界観を演出したデザインとなっています。べースはオリーブカラーです。

対して、「ランバ・ラル モデル」は、彼のイメージカラーであるネイビーが印象的なジャケットです。合わせる服を選ばず、カジュアルはもちろん、モードな着こなしやスーツのオーバージャケットなど、さまざまな用途で合わせられるアイテムです。

>> プレアミアムバンダイ「STRICT-G」
C)創通・サンライズ
 

[関連記事]
逆シャアか?ガンダムUCか?アルファ製フライトジャケット、どれを着る?

NASAワッペン付きフライトジャケット、アルファ「L-2B」は春にピッタリ!?

トリプルコラボのフライトジャケットは語りたくなるストーリー満載!?

(文/&GP編集部)