KELTYのデイパックはUSモデルでちょっと個性をプラス!

KELTYのデイパックはUSモデルでちょっと個性をプラス!

KELTYのデイパックはUSモデルでちょっと個性をプラス!の画像

普段の街歩きからハイキング、ちょっとした旅行まで、幅広いシーンで使えるデイパックは何かと便利ですよね。季節も変わったことだし、そろそろ新しいものに買い替えようかな…とお考えなら、デザイン性だけでなく機能性にも優れたKELTYの新作デイパックをチョイスしてみてはいかが?

3月19日に発売がスタートした「U.S.A. DAYPACK」は、アメリカの日常にフォーカスした全5種類。デザイン、カラーともに豊富なラインナップで展開されます。

「FLINT(フリント)」(1万円/税別)は、H53×W30×D30cm・容量32リットルとたっぷりサイズ。PCスリーブ、メイン荷室、サブポケットと独立した収納を備え、フロント面中央部にも縦型ファスナー付きポケットと収納力は抜群。

背面部とアジャスター付きショルダーストラップは通気性の高いメッシュ仕様となっており、気温が上がるこれからの季節でも快適に背負えます。カラバリはBlack/Black、Midnight Navy/Red Ochre、Lyons Blue/Warm Oliveの3パターンです。

「SLATE(スレイト)」(9000円/税別)は、使いやすい大きさと機能を兼ね備えた容量30リットルのバックパック。サイズはH48×W30×D25cmで、3種類のコンパートメント、左右にボトルポケット、持ちやすい肉厚ハンドル、メッシュ仕様の背面部&ショルダーストラップなど、快適な使用感も実現しています。カラバリは「FLINT」と同パターンの3種類です。

「QUARTZ(クオーツ)」(8000円/税別)は、荷室が2口のシンプルな構造。メインコンパートメント内にPC用スリーブを備え、サブポケットにオーガナイザーが配されるなど、使いやすさにこだわった仕様です。

サイズはH46×W30×D25cmで、容量は26L。カラバリはRed Ochre/Midnight Navyを加えた全4パターンで展開されます。

「AGATE(アゲート)」(7000円/税別)は、前面パネル上部のポケットとメインコンパートメント(PC用スリーブ搭載)で構成されたシンプルな仕様。カラバリは「QUARTZ」と同じ全4パターンで展開。H46×W30×D23cm・容量24Lと、女性にも扱いやすいサイズです。カラバリは全3パターン。

「GEODE(ジオード)」(6000円/税別)はH46×W28×D23cm・22Lサイズの小型バックパック。収納はPC用スリーブを搭載したメイン一室のみで、ファスナーポケットをトップに配したシンプルな仕様です。こちらも3パターンのカラバリとなっています。

全5種類の共通仕様として、本体はポリエステル素材を採用。両サイドにボトルポケットを配置し、ショルダーストラップと背面部には通気性の高いメッシュ素材が用いられています。

扱いやすさに加え、高い耐久性と軽さも備えたKELTYの最新デイパック。どこへ行くにも安心して荷物と背中を任せられそうですね。KELTY取扱店及び、各ECサイト等で販売中です。

>>KELTY

 

 
[関連記事]
クセのないデザインが街に溶け込むグレゴリーのデイパック
黒くてシンプルだけど防水・耐久・スリムとデキるやつなんです

アップデートモデルが続々登場。KELTYの春夏モデルはタフに使える耐久性が魅力です

(文/&GP編集部)