全体から宇宙感を醸し出す、『ムー』のコラボリュックが神秘的すぎる

全体から宇宙感を醸し出す、『ムー』のコラボリュックが神秘的すぎる

全体から宇宙感を醸し出す、『ムー』のコラボリュックが神秘的すぎるの画像

『月刊ムー』といえば、「世界の謎と不思議に挑戦するスーパーミステリーマガジン」のキャッチコピーで1979年に創刊されたオカルト情報雑誌です。扱うジャンルはUFOや異星人、UMA(未確認動物)から超能力、怪奇現象、超古代文明、オーパーツなど幅広く、誌名も空想上の幻の大陸「ムー大陸」から来ています。

そんな日本を代表するオカルト雑誌のコラボリュックが登場。ハードコアチョコレートから発売の「HARDCC×月刊ムー/ギャラクシー・デイパック」(1万6000円)が、現在予約販売を受付中です。

ハードコアチョコレートは、映画やプロレス、漫画、アニメ、特撮などのコアな題材をパンキッシュなデザインで飲み込むTシャツアパレルブランドで「コアチョコ」の相性で親しまれています。1999年のブランド設立以来、国内外のコアなTシャツユーザーに支持を得ており、「Tシャツ界の悪童」の異名を持っています。『月刊ムー』とはこれまでもコラボを重ねており、Tシャツやパーカーなども販売されています。

今回のコラボデイパックのテーマは宇宙です。宇宙は人類に残された最後の開拓地で、地球以外にも人類が居住可能な惑星が数多くあり、そこには人類の想像を絶する新しい文明、新しい生命が待ち受けているに違いない…というコンセプトのもと開発されました。

全身を包むようなリュックカラー「宇宙総柄」はショルダーストラップにまで施されています。また、フロント部分の「SPACE MYSTERY 異星人は敵か味方か?」の文字は『ムー』創刊号の総力特集の見出しから引用するというこだわりのデザインで、宇宙人ワッペンと太陽ワッペンがさらなる宇宙感を醸し出しています。かぶせ部分は透明なクリア素材を使用し、『月刊ムー』の赤文字のロゴがより目立つ仕様となっています。

もちろん、耐久性、撥水性にも優れており、どこにでも気軽に持ち運べるほどの軽量さも兼ね備えています。収納可能サイズはB4サイズで、タテ51cm×ヨコ33cm×マチ17cm。ポケットの数は外側に3個(両サイドポケット、中央ポケット)、内側に1個(メイン収納部分のPC用ポケット)となっています。

「東中野 ハードコアチョコレートヘッドショップ」「ハードコアチョコレート大阪」のリアル店舗のほか、「ハードコアチョコレート オンラインストア」やAmazonでも予約受付中。発送時期は2020年4月下旬を予定しています。

神秘的すぎる『月刊ムー』コラボリュックを背負い、気持ちだけでも宇宙にトリップしてみてはいかがでしょうか。

>>HARDCC×月刊ムー「ギャラクシー・デイパック」

 

 

[関連記事]
KELTYのデイパックはUSモデルでちょっと個性をプラス!?

黒くてシンプルだけど防水・耐久・スリムとデキるやつなんです

アップデートモデルが続々登場。KELTYの春夏モデルはタフに使える耐久性が魅力です

(文/&GP編集部)