シンプルにオイル?それとも彫る?自作ナイフキットで相棒を作ろう!

シンプルにオイル?それとも彫る?自作ナイフキットで相棒を作ろう!

シンプルにオイル?それとも彫る?自作ナイフキットで相棒を作ろう!の画像

ハンドル部分を自分好みに手軽にアレンジできる、ユニークなナイフキットが発売になりました。オイルを染み込ませて渋みを生んだり、カラフルな色を塗って目立たせてみたり、彫刻刀で削ったりほったりすることも可能。とにかく自分流儀でアレンジを楽しめるナイフです。機能面でも秀逸。握りやすく切りやすい「絶妙カーブ」が、アイテムとしての美しさも兼ね備えます。

明治28年創業の老舗工具刃物メーカー、神沢鉄工が手掛ける新感覚料理ナイフの自作キットシリーズに、より手軽で錆びに強いステンレス製の新モデル「It's my knife Folding Easy ステンレス」(5400円/税別)が登場しました。

ハンドル材に面取り加工が施され、組み立てるだけでもナイフが完成するというカンタン組立キットで、ハンドルに色を塗ったり削ったり、手軽にアレンジを楽しめます。

組み立てるだけでも完成しますが、ハンドル材は木肌そのままなので、色を塗ったり削ったりアレンジを楽しむことを主眼に置かれた商品です。

「ナイフ作りも楽しみたいし、日々のお手入れは手軽がいい!」?そんなニーズに応えるべく、錆びに強くメンテナンスが手軽なステンレスモデルになっているのも特徴。
今回採用されたステンレス鋼は、日立金属のブランド鋼「銀紙3号」。

これまでシリーズで採用されてきた青紙2号に比べると切れ味はやや劣りますが、安価なステンレス鋼とは異なり錆びにくさと切れ味のバランスが取れた高級鋼材です。

>> FEDECA

 

[関連記事]
多機能ナイフっぽい収納が斬新!ハイマウント「キャンピング BBQ ツールズ WD」【アウトドア銘品図鑑】?

オルファだけどカッターじゃない!「OLFA WORKS」のナイフ&ノコギリ【アウトドア銘品図鑑】?

ナイフ1本で野営して分かった効果的な使い方と工夫の仕方?

(文/&GP編集部)

関連記事(外部サイト)