「モスラ・コペンハーゲン」って名前、インパクトありすぎでしょ!

「モスラ・コペンハーゲン」って名前、インパクトありすぎでしょ!

「モスラ・コペンハーゲン」って名前、インパクトありすぎでしょ!の画像

知性を感じさせるデザインと、履いていて楽しく、心地よくなるスニーカーを作り続けるフランス生まれのPATRICK(パトリック)。日本上陸後も洗練された大人のファッションを提供し続けていますが、PATRICK「ゴジラ」コラボ第3弾として登場するのは、東宝怪獣の中では大人から子供まで人気の高い巨大蛾の怪獣「モスラ」。はい、その名も「モスラ・コペンハーゲン」(1万6000円/税別)が遂に日本上陸です!

機能性を重視したスポーツシューズに、カラフルな色使いとさまざまなマテリアルを素材に使用することで、カジュアルテイストを加味した日本製「PATRICK」。上陸当時のキャッチコピー「足元のメークアップ」は、今もなお忠実に受け継がれていますが、フランスのエスプリから生まれたスニーカーメーカーだからこそ、センスを感じさせる遊び心も忘れてはいません。

今回リリースされた「モスラ・コペンハーゲン」は東宝怪獣の異色コラボレーションの第3弾。昨年、ゴジラ生誕65周年を記念した発売された「ゴジラ・マラソン」、「ちびゴジラ・マラソン」に続くコラボレーションとなっています。

ブラックをベースとしたアッパーデザインは、蛾をモチーフに誕生したモスラをイメージ。PATRICKの象徴となるスニーカーの後方に配された2本のラインには、イエローとオレンジが配色され、モスラの羽模様を彷彿させる鮮やかなカラーリングとなっています。

スニーカーの印象を大きく左右するシュータンには、モスラが描かれたオリジナル織りネームがあるため、このスニーカーがスペシャルなものであるという証明になっています。

踵部分にもスペシャルの証が刻まれており、蝶や蛾の羽などでよく見かける目玉のような模様の眼状紋(がんじょうもん・一種の擬態と考えられている)が刺繍され、後ろから見たら一際目立つ上に、ちょっとした可愛さも演出されています。眼状紋による擬態効果により、周りの人を驚かす効果もあるかもしれませんね。

「モスラ・コペンハーゲン」は2020年4月末より、PATRICKの正規取扱店より発売開始予定となっています。このスニーカーを履けばモスラが大空を羽ばたくように、軽やかな気分で街に繰り出すことができるかもしれません。
TM & (C) TOHO CO., LTD.
>> PATRICK「モスラ・コペンハーゲン」

 

[関連記事]
このPATRICK、誰がどう見てもウルトラマン!?

パトリックの定番に環境に優しいナチュラル志向モデル登場?

パトリックの新作スニーカーは大人シックなニットとレザー?

(文/&GP編集部)

関連記事(外部サイト)