ソロキャンプ向きの個性派小型テント5選

ソロキャンプ向きの個性派小型テント5選

ソロキャンプ向きの個性派小型テント5選の画像

ここのところの本格的なキャンプブームに合わせて、さまざまなスタイルでキャンプを楽しむ人が増えてきています。

中でも注目がソロキャンプ。1人でキャンプ道具一式を持ち、テントをたて、のんびりと1人の時間を楽しむ。同行者とのスケジュール調整の必要もなく、食事だって自分だけだから適当にラーメンでも構わない。気が向いた時にふらっと行って、そして好きな時間に帰ってくる。そんな気軽さから人気となっています。

そんなソロキャンプ用のテントといえば、1〜2人用の小型のモノになります。このサイズになると、登山用などのとにかく軽いモノも選択肢に入ってくるなど、幅広いタイプから選べるという楽しさがあります。

そこで、ソロキャンプ用として使える1〜2人用テントを5つご紹介します。どれも個性豊かなモノばかりですよ。

1. 難燃パップテントで焚き火を楽しむ

昨年頃からぐんと注目が集まっている“パップテント”。元々は軍用として使われいてたカタチで、片面を跳ね上げるとタープ代わりにもなります。またフロアレスな点も特徴で、コットを置いたり、シートを敷いてテントのように使ってもOK。DODの「パップフーテント2」は難燃のポリコットン生地製なので、テントの近くで焚き火をしても心配なし。8kgとちょっと重めではありますが、タープを張る必要がないので手軽さは抜群です。

>> 軍用テントをアレンジしたら話題のソロキャンにぴったりに!

 
2. 野営感あふれるワンポールテント

設営のしやすさでいえばNo.1のワンポールテント。「YOKA TIPI」はインナーもないフロアレスのシンプルな構造で、キャンプ場に付いたらすぐに立ち上げられます。また冬キャンプにはうれしい薪ストーブ用の煙突穴付き。さらにぐるりと囲むようにリフレクターの帯が付いています。ライトの光を反射するので、月明かりのない夜でもすぐに自分のテントを見つけられますよ。

>> 薪ストーブの煙突用穴付き四角形のワンポールテントが誕生!

 
3. 超軽量の三角テント

スウェーデンのテントブランド、ヒルバーグ。これまでさまざまなカタチや機能のテントを生み出してきましたが、最新作となる2人用テント「アナリス」は総重量わずか1.4kgという軽さが特徴です。さらにポールはトレッキングポールを使用するなど、まさに登山向きのテントといえます。アウターだけでシェルターのようにも使えるので、雨の時にはとにかくアウターだけ張って、雨をよけながらインナーテントを装着するということもできちゃいます。

>> 荷物軽減に最適!トレッキングポールでテントが立ちます

 
4. 見た目も実力もミリタリー

イギリスのスナグパックは、品質の高さや強靭さから、イギリス軍など軍隊でも使われるアウトドアブランドです。そんなスナグパックのソロ向けテントといえば「スコーピオン」。耐水圧の高さやDAC社製のポールを使うなど、さすがは軍用品を扱うブランドといったところです。またミリタリーカラーでもあるオリーブ色も男ゴコロをくすぐります。インナーは吊り下げ式になっています。

>> オリーブに惚れるミリタリースペックのコンパクトテント

 
5. 本物のミルスペックテント

ケルティというと、クラシカルなデイパックをイメージする人も多いかもしれませんが、実は本国アメリカでは、さまざまな公的機関にも納品している本格派ブランドなんです。そんな本格的な部分を堪能できるのが“KELTY TACTICAL”シリーズ。1人用となる「1 PERSON FIELD TENT」はミルスペック準拠という、これぞミリタリーなテントです。耐水圧15000mmという70Dリップストップナイロンはちょっと暑いかもしれませんが、インナーテントはほぼメッシュなので、夏はガバッと開けちゃうのもアリかも。基本構造はシンプルな自立型なので、立てやすい点も魅力です。

>> 米軍仕様の本物スペックになぜだか惹かれるギアが日本上陸!

 

[関連記事]
“プチ野営スタイル”を実現できる最新フロアレステント5選【モノ賢者の買い物リスト】

小型軽量と二次燃焼がキーワード!最新焚き火台7選【モノ賢者の買い物リスト】

思わず膝打つ工夫が満載!最新アウトドアギア11選【モノ賢者の買い物リスト】

(文/&GP編集部)

関連記事(外部サイト)