コーヒーってやっぱ雰囲気が大事、と思わせるホーローっぽさがいいね

コーヒーってやっぱ雰囲気が大事、と思わせるホーローっぽさがいいね

コーヒーってやっぱ雰囲気が大事、と思わせるホーローっぽさがいいねの画像

センスのいいインテリアやグリーンに囲まれたカフェで飲むコーヒーは格別ですよね。家庭でも同様に、お気に入りのインテリアや家電、食器などに囲まれておいしいコーヒーを味わいたいもの。というわけで生まれたのがBRUNO(ブルーノ)の「ステンレスデイリーケトル」(6800円/税別)です。

便利な電気ケトルでありながら、ホーロー素材で作られたようなレトロデザインを実現。「ガラスティーボトル」や「パーソナルコーヒードリッパー」なども揃えれば、温かみのあるカフェのような空間ができあがりそうです。

ライフスタイルブランド・BRUNOより登場した「ステンレスデイリーケトル」は、“好みのデザインの電気ケトルがない”という人にピッタリのアイテム。ボタンひとつで必要な分のお湯をすぐに沸かせる電気ポットでありながら、昔ながらのホーロー製コーヒーポットのような素材感とフォルムが再現されています。

丸みをもたせたボディに施された、レッド、ブルー、ホワイトの3タイプのカラーリングはどれも優しい色合い。フタにエンボス加工されたBRUNOのロゴがさりげないアクセントになっています。見た目はホーローライクですが、実際の素材はステンレスなので、錆びも生じずお手入れが簡単です。

ひとり暮らしでも使いやすい1.0L容量で、注ぎ口は湯量がコントロールしやすい細口タイプ。手に馴染むハンドルとふたのつまみは熱くなりにくく持ちやすいポリプロピレン製です。

沸騰後は自動で電源がOFFになり、手動で途中OFFも可能な安心設計。もちろん空焚き防止機能もついています。

また、同シリーズにはほかにも、好みの濃さで茶葉を抽出できる「ガラスティーボトル」(3000円/税別)や、ひとり分のドリップが手軽にできる「パーソナルコーヒードリッパー」(2400円/税別)などをラインナップ。どちらも、淡い色合いのグリーンとピンクの2色展開で、ケトルと共にキッチンに並べたくなるインテリア性の高いデザインです。

なかなかカフェにも足を運べない昨今、家のキッチンを明るく温かみのある空間にしてくれるアイテムを揃えるのもいいですね。プレゼントにしても喜ばれそうです。

>> イデアインターナショナル

 

[関連記事]
持ち運びに特化したプレス式コーヒーメーカーならどこでもコーヒーが飲めるぞ!?

くるくる回る自動コーヒーメーカーがドリップバッグも使えるようになった!?

豆でも粉でもOK!おひとり様用コーヒーメーカー

(文/&GP編集部)

関連記事(外部サイト)