アナログでしか残ってない曲を思い出と一緒にスマホによみがえらせよう!

アナログでしか残ってない曲を思い出と一緒にスマホによみがえらせよう!

アナログでしか残ってない曲を思い出と一緒にスマホによみがえらせよう!の画像

当時の思い出が詰まっている、大事なレコードやカセットテープが眠っていませんか? もっと気軽に聴いてみたいという気持ちはあるけど、ちょっと面倒だなぁと思っている人が意外と多いのではないでしょうか。そんな思い出の音楽をパソコンなしでよみがえらせてくれる嬉しいアイテム「ADレコ(AD-1)」(オープン価格)が、アイ・オー・データ機器から登場します。

「ADレコ(AD-1)」は、アナログ入力できる音楽なら何でも録りためてスマホで聴くことができる優れもので、持ってるプレーヤーとスマホをADレコにつなぐだけで準備は完了。アプリの「CDレコミュージック」を操作すれば、レコードやカセットテープだけではなく、MDに録音された音楽、スマホで再生する音楽や音声も、パソコンなしでスマホへ録音できます。

Androidスマホやウォークマンの場合は、添付されている「USB Type-C変換アダプター」を使えばカンタンに接続可能。iPhoneは別売りとなりますが、「Lightning-USB 3カメラアダプター」を使用すれば接続できます。

また、再生側のオーディオ機器に合わせて使い分けができる、2種類の音声入力端子を搭載。イヤホンジャックを持ったMDウォークマンや、赤・白のジャックを持ったレコードプレーヤーは、ステレオミニプラグケーブル等を使って、ADレコ側のLINE IN端子につないでカンタンに録音。

フォノイコライザー非搭載のレコードプレーヤーの場合は、赤・白のオーディオケーブルを使って、ADレコ側のPHONO IN端子につなげば録音できます。スピーカーやアンプを「ADレコ(AD-1)」側のLINE OUT端子につなげば、録音中の音を確認することも可能です。

スマホへの録音操作は、録音や再生機能も充実したミュージックアプリ「CDレコミュージック」で操作できます。録音中の音楽を「スマホが聴く」ことによって曲を特定でき、曲名、アルバム名、アーティスト名、ジャケット写真など、楽曲情報が自動で反映されるのでとっても便利。自動判別できなかった場合は手動で登録もできるので、スマホに音楽を録りためるのが楽しくなってきますよ。

アルバム内の楽曲は、録音中の曲間を自動で判別で分割し、曲単位で保存してくれます。保存する音質は5段階から選択できるので、音質にこだわりたい人や、スマホの容量を節約したい人でも問題なく使用できます。

それぞれの人が持っている音楽にまつわる思い出を、鮮やかによみがえらせてくれるアナログレコーダー「ADレコ(AD-1)」。レコードやカセットテープを手にした日を思い出しつつ、スマホで聴いてみてはいかがでしょうか。

 

>> アイ・オー・データ機器「ADレコ(AD-1)」

[関連記事]
押し入れのカセットテープを再生&データ化できる素敵アイテム発見!?

CD音質以上の曲が急増中!“ハイレゾサブスク”に注目【即買いヒットアイテム】?

郷愁あふれる昭和家電。だけど中身はとっても今どきです!?

文/&GP

関連記事(外部サイト)