ノイキャン、高音質、最新チップ搭載という高バランスを実現!

ノイキャン、高音質、最新チップ搭載という高バランスを実現!

ノイキャン、高音質、最新チップ搭載という高バランスを実現!の画像

完全ワイヤレスイヤホンで最近ジワジワと増えている“ノイズキャンセリング機能”搭載モデル。コードからも、周囲の雑音からも解放される、音楽への没入感は格別です。

老舗オーディオブランドのオーディオテクニカから、音質よし、雑音なし、接続バッチリの三拍子揃った、同社初となるノイズキャンセリング機能搭載の完全ワイヤレスイヤホン「ATH-ANC300TW」(市場予想価格:2万7500円)が登場します。

高音質と高精度のノイズキャンセリングを両立しているのが当機の特徴。専用設計された5.8mmドライバーには、同社のハイスペックイヤホンにも使われている“DLC(ダイヤモンドライクカーボン)コーディング振動版”を搭載し、高域から低域まで、きめ細やかな音を再現してくれます。

ノイズキャンセリング機能は、音導管内にフィードバックマイクロホン、ハウジングにフィードフォワードマイクロホンのふたつのマイクロホンを配置した“QUIETPOINT ハイブリッド デジタルノイズキャンセリング技術”を採用。違和感なく、自然と雑音を軽減してくれます。

なお、ノイズキャンセリング機能は専用アプリの「Connect」(iPhoneとAndroidの両方に対応)を使うことで、環境に適した3つのもモードを選択可能。“Airplane”は航空機内のエンジン音、“On the go”は屋外での車の騒音や話し声、“Office/Study”は会社や図書館など静かな環境で気になるノイズ、などを軽減してくれます。

周囲の音をすぐに聞くことができる“クイックヒアスルー機能”を搭載しているので、車内アナウンスを聞き逃す心配はなし。イヤホンをしたまま買い物をしても、わざわざレジで外す必要がないのは便利ですよね。

コーデックは高音質のaptXに対応。また、低遅延かつ音切れに強い“Qualcomm TrueWireless Stereo Plus”に対応しているので、音ズレなどのストレスなく動画を楽しめます(対応したスマホが必要)。気になるバッテリー持ちも、本体のみで連続約4.5時間、充電ケース込みで最大約18時間と申し分ありません。

今までの音楽ライフをガラっと一変させてくれるかもしれない、ノイキャン付きの完全ワイヤレスイヤホン。ハンズフリー通話でも雑音を軽減してくれるので、リモートワークにも向いているかもしれませんね。発売日は5月29日予定です。

 

>> オーディオテクニカ「ATH-ANC300TW」

[関連記事]
小ささにこだわった完全ワイヤレスイヤホンは装着していても耳周りはスッキリ!?

B&Oの新作完全ワイヤレスイヤホンは充電ケースまでワイヤレス!?

ケースもイヤホンも薄っ!財布にすら入る完全ワイヤレスは実はかなりハイスペック?

文/&GP

関連記事(外部サイト)