高価な完全ワイヤレスは専用ケースに入れて大事にしよう

高価な完全ワイヤレスは専用ケースに入れて大事にしよう

高価な完全ワイヤレスは専用ケースに入れて大事にしようの画像

ノイズキャンセリング機能はもちろん、ハイレゾ相当の高音質で大人気の完全ワイヤレスイヤホン「SONY WF-1000XM3」。イヤホンながら、お値段は3万円近くとかなり高価ですが、注目度の高い逸品です。高価なワイヤレスイヤホンを購入したら、やっぱり大事に使いたい。「バッグの中で他の荷物に紛れちゃうなんてイヤだ」「スマホのように専用ケースに入れて大事に使いたい」。

こうしたユーザーの声にお応えする専用ラグジュアリーレザーケースがクラウドファンディング・Makuakeに登場。わずか2日で1000%近くのSuccessを獲得している大人気商品をご紹介します。

Makuakeに登場したのは、スマートフォンケース・レザーブランドのGRAMAS(グラマス)が提案するWF-1000XM3対応の「ラグジュアリーレザーケース」(3610円〜 5月29日現在)。バッグや財布にも見劣りしないレザーブランドならではのエレガントさと機能性が話題となり、初回支援分はすでに完売。現在は再販分の受付が行われています。

「WF-1000XM3」のケースはとても繊細で、ボディーが傷が付きやすいという問題が。せっかく奮発して買ったのに、ちょっと雑に扱ったくらいで傷がついてしまうなんて悲しすぎます。ですが、「ラグジュアリーレザーケース」があれば大丈夫。筐体をマイクロファイバー生地と耐衝撃性に優れたクッション材でやさしく包み込みます。

マイクロファイバー生地とは、眼鏡などの光学レンズや自動車用クロスにも使用されるサラサラとしたやわらかい質感のファブリック素材のこと。傷や汚れから充電ケースをしっかり守ります。

外革には、シボ加工が施されたPUレザー(ポリウレタン樹脂性レザー"Shrinkシュリンク”)を使用。スマホケース用レザーとして採用されているやわらかな質感の合成皮革で、傷がつきにくいのが特徴です。

特殊素材を用いて構成された「ラグジュアリーレザーケース」にイヤホンを入れておけば、バッグの中にポンと投げ込んでも傷がつきにくい上に、見た目もエレガント。高級感も格段にアップします。本革に比べ水への耐性にも優れているため、汚れが気になるときは、水拭きだけでOK。特別なお手入れの必要なく、日常生活で気軽に使えます。

6月1日現在、1個3610円から支援受付中。他にも、iPhone11/11proの同素材のスマホケースとセットになったコース(5484円)も用意されており、イヤホンケースとのコーディネートも楽しめます。

 

>> Makuake

[関連記事]
こういうの待ってた!収納中に充電できるワイヤレスイヤホン用ケースが登場!?

あ、充電し忘れた!を防げるモバイルバッテリー付きのイヤホンケース?

毎日使うものだからこそ!上質な牛革でイヤホンを保護できます?

文/&GP

関連記事(外部サイト)