創業120年超の老舗刃物メーカーが手掛けるナイフは安全&よく切れる!

創業120年超の老舗刃物メーカーが手掛けるナイフは安全&よく切れる!

創業120年超の老舗刃物メーカーが手掛けるナイフは安全&よく切れる!の画像

はさみやカッターなどの刃物類は、使いたいときに限ってどこにあるか分からずに、部屋の中を探し回った経験はないですか? また、はさみやカッターの種類によっては硬すぎて切れない素材もあったりします。そんな悩みを解決するには何でも切れる刃物をデスクに常備しておくことに限ります。

そこでおすすめなのが、創業明治30年の刃物総合メーカー・ナルビーから発売される「ポータブルナイフ ABT-301」(実勢価格:1800円前後/税別)と「ユーティリティナイフ ABT-702」(実勢価格:1500円前後/税別)です。段ボールや紙、布だけでなく、合板、石膏ボード、安全ロープなども簡単に切断できる逸品です。

「ポータブルナイフ」は全長約13cmで、折り畳むと約9cm、重さはわずか105gと非常にコンパクト。裏面にはポケットクリップが付いているため携帯にも便利。また、ナルビーカラーの青いボディに付いている黒のラバーグリップは握りやすさにも配慮されています。

持ち運びに便利なため、会社のデスクだけでなく、自宅でDIYやリフォーム、段ボール、壁紙、フロアマット等を気持ち良く安全に切りたい人や、アウトドアのキャンプや登山で木の枝やロープを切りたい人、防災用としても活躍してくれます。

「ユーティリティナイフ」は、シルバーメタリックのボディに黒のラバーグリップがスタイリッシュなナイフ。刃の長さを3段階に調整できるため幅広い用途に使用できます。

刃を6mm露出させる1段階は段ボールの開梱作業向き。刃の露出部分がわずかなため、段ボールの中の荷物まで切らずに済みます。刃を13mm出す2段階は壁紙や布、フロアマットなどの切断に向いています。

さらに刃を25mm露出させる3段階は厚みのある合板や石膏ボード、ロープなどをスパッと切れます。さらに完全に刃を収納した状態でも紐切りとして使用できます。

本体には替刃を4枚まで収納可能で、販売時には3枚収納されています。本体にはフックホールがあるため、落下防止用にワイヤーや革紐、伸縮コードを通すことができます。

専用の刃は、2019年に発売された「セーフティナイフ替刃(10枚入り)」(オープン価格)が、「ポータブルナイフ」と「ユーティリティナイフ」どちらにも使用できます。専用ケースに入っており、刃のサイズは長さ60mm×幅19mm×厚さ0.6 mmです。

何かを切ろうとして、あらためてはさみやカッターを探さずに済むよう、何でも切れるコンパクトなナイフを常備しておきましょう!

 

>> ナルビー「ポータブルナイフ」

>> ナルビー「ユーティリティナイフ」

[関連記事]
ティッシュも切れる!でも手は切れない!スゴ腕安全カッター誕生?

これは机に常備でしょ!紙もダンボールもこのカッターひとつでOK?

オルファだけどカッターじゃない!「OLFA WORKS」のナイフ&ノコギリ【アウトドア銘品図鑑】?

文/&GP

関連記事(外部サイト)