もはやマストのドラレコはデータや本体のセキュリティも大事です

もはやマストのドラレコはデータや本体のセキュリティも大事です

もはやマストのドラレコはデータや本体のセキュリティも大事ですの画像

あおり運転に対する法整備も進んできましたが、万が一事故やトラブルにあった際にその後の処理がスムースに進むよう、ドラレコの搭載はいまやマストと言えます。特に営業車やレンタカーなどではより重点的に搭載が進んでいるかと思いますが、今回はそういった複数の人が利用する車ならではのトラブルを防止するドラレコをご紹介。

ケンウッドより、業務用の特定販路向け製品として、前後撮影対応2カメラドライブレコーダー「DRV-MR450DC」が7月上旬に発売。管理者以外による操作を防止するカバーが付属し、セキュリティの向上や、誤操作の防止に役立ちます。

「DRV-MR450DC」は、車両前後のトラブルを記録できる2カメラモデル。フロント・リアいずれもフルハイビジョンの高精細な映像で、ナンバープレートなどの細部をしっかりと記録してくれます。

特筆すべきは、本体に装着できる “本体操作防止カバー”フルハイビジョンが付属していること。このカバーを取り付けることで、運行管理者以外は本体の操作と、SDカードや電源ケーブルの抜き差しができないようになります。これにより、営業車やレンタカーなど、複数のドライバーが利用する車両で危惧される、セキュリティ面での心配や、データの消失、誤操作によるトラブルなどを防ぎます。

また、 “SDカードメンテナンスフリー機能”という、データの断片化を防止し、定期的に必要なフォーマット作業も不要となる、独自の記録システムを採用。この点でもデータ保護の信頼性が高く、安心して運用できることでしょう。

フロントカメラには、水平122度、垂直63度、対角150度という広視野角のレンズを採用し、幅広い範囲を撮影。前後どちらもF1.8の明るいレンズでトンネル内や夜間の撮影でも高画質。さらに、フロントカメラには画像の明暗差を補正するHDR機能も搭載しており、夕方の逆光やトンネルの出入口などでも細部が見やすい画質に補正。

リアカメラには、リアガラスがスモークガラスの場合でも明るく鮮明に記録できる“スモーク シースルー機能”も搭載。スモークガラスに応じて3段階での補正が可能です。

電源には、シガーソケットではなく車から直接給電できる車載電源ケーブルを採用。車内がスッキリとし確実な電源供給を実現しています。

録画モードは、エンジンと連動する常時録画、手動録画(操作防止カバー装着時は操作不可)、Gセンサーの衝撃感知に連動したイベント記録、そして別売りの車載電源ケーブル「CA-DR350」を使用することで、最長24時間の駐車監視録画にも対応。

衝突や車線逸脱のアラーム、長時間運転時に休憩を促してくれるリフレッシュ通知といった安全運転サポート機能も充実しています。運転の安全だけでなく、ドラレコ自体のセキュリティも万全な「DRV-MR450DC」。レンタカーなどの管理者の人は要チェックですよ。

 

>>KENWOOD

[関連記事]
ミラー型でリアカメラも付いて約1万5000円!コスパ抜群なドライブレコーダー?

前後を同時録画できて夜間にも強いドライブレコーダーが便利です?

これ便利!愛車のバックカメラがそのままドライブレコーダーに?

文/&GP

関連記事(外部サイト)