没入感のあるサウンドで映画やゲームの世界にじっくり浸かれます

没入感のあるサウンドで映画やゲームの世界にじっくり浸かれます

没入感のあるサウンドで映画やゲームの世界にじっくり浸かれますの画像

本格的な梅雨の到来によって引き続き “おこもり生活” が続きそうですが、そんな家での楽しみを支えてくれるのが、映像や音楽コンテンツ。本格的なオーディオシステムを導入したいとは思いつつ、「複数のスピーカーを揃えるのは大変だし費用もかかる」と先延ばしにしているなら、AnkerのDolby Atmos対応Bluetoothサウンドバー「Soundcore Infini Pro」(2万2900円)はいかがでしょう? ふたつのステレオスピーカーとサブウーファーが一体になっているので、手軽に2.1chの「没入サウンド」を楽しめますよ。

約930×120×61mmというサイズで約3.3kgの「Soundcore Infini Pro」は、フロントスピーカーふたつと、サブウーファー、そして低音を増幅するバスレフポートふたつを搭載したオールインワンタイプのサウンドバーです。

低音をよりパワフルに響かせるSoundcore独自のBassUpテクノロジーを搭載し、立体的なサウンドを実現するDolby Atmosにも対応。最大120Wの大音量で、2.1chの没入サウンドを楽しめます。

入力端子は、HDMI、HDMI ARC、光デジタル、AUXポート、Bluetoothの5つを用意し、4K HDRパススルーとDolby Visionパススルーに対応していて、美しい映像とともに迫力のサウンドを楽しんだり、ワイヤレスでスマホやタブレットとつないで音楽を流したりということもできます。

さらに、映画間のような臨場感の「ムービーモード」、奥行きあるサウンドの「音楽モード」、会話が聞き取りやすい「音声モード」の3つのサウンドモードを搭載。Soundcoreアプリを使えば、モードの選択や音声調整が簡単にできるので、映画、音楽、ゲームなど、コンテンツごとに最適なサウンドで楽しめます。

カラーはブラックで、無駄のないシンプルなデザインはどんなインテリアにも馴染みそう。リモコンやHDMIケーブル、壁取り付け用ブラケットなども同梱し、最大24カ月保証も付属。これ1台で“お家時間”がさらに充実しそうです。

 

>> Anker「Soundcore Infini Pro」

[関連記事]
今あるテレビに「サウンドバー」をプラスして贅沢な音を得よう【趣味時間 最新モノ案内】

Dolby Atmos対応のサウンドバーでホームシアターをより特別なものに?

大出力なのに省スペースで使えるサウンドバーが1万円台で手に入るって!?

文/&GP

関連記事(外部サイト)