海外で先行デビューのセイコー プロスペックスがいよいよ日本上陸!

海外で先行デビューのセイコー プロスペックスがいよいよ日本上陸!

海外で先行デビューのセイコー プロスペックスがいよいよ日本上陸!の画像

アクティブな季節の到来を前に、手元を彩る相棒として選びたくなるのは、やっぱりダイバーズウオッチ。機能性と耐久性に優れたダイバーズはこの時期間違いなしの選択ですが、タウンユースがメインならファッション性にこだわったセレクトをしてみてはいかがでしょう。

例えばセイコー プロスペックスから登場の新コレクション「STREET SERIES」(6万4900円〜7万1500円)は、70年代のカルチャーを彷彿とさせるスタイリングが新鮮なダイバーズウオッチ。2018年に海外市場でデビューし人気を博した話題のコレクションが、満を持して日本上陸です。

「STREET SERIES」は、1975年に誕生したセイコーダイバーズをベースに、 ストリートカルチャーにインスパイアされたデザインを纏わせたスタイリッシュなコレクション。

アイコニックなデザインとして親しまれている外胴プロテクター構造を採用し、シンプルに徹したダイヤルデザインやインデックス、太い字分針など、視認性を重視した仕様も大きな特徴。

このコレクションでは、毎年コンセプトを刷新したモデルを展開予定とのことで、国内初お目見えとなる2020年モデルでは、3針カレンダーを搭載したメカニカルダイバーズ「SBDY059」「SBDY061」(各6万4900円)と、デジタル液晶とアナログ3針を備えたハイブリッド仕様のソーラーダイバーズ「SBEQ007」「SBEQ009」(各7万1500円)の4モデルをラインナップ。

いずれのモデルも、劣化に強い強化シリコン製ストラップや、200m空気潜水用防水機能など、ダイバーズウオッチらしい本格仕様を搭載。一方でデザイン面では “Urban Safari” をコンセプトに、ニュアンスを効かせたアースカラーを採用。

スポーティになりすぎないマットなカラーが洗練された印象です。休日のリラックスした装いにあわせて、軽やかに身につけたい都会的な1本です。

 

>> セイコー プロスペックス

[関連記事]
セイコーダイバーズ誕生55年の歴史をたどる傑作モデルたち?

国内外で人気の“異名”を持つモデルたち【セイコー プロスペックスの実力とプライド】?

深海の美しさを携えたプロスペックスの新たな到達点【セイコー プロスペックスの実力とプライド】?

文/&GP

関連記事(外部サイト)