ザ・ノース・フェイスのGORE-TEXシューズがあれば梅雨も楽しい!

ザ・ノース・フェイスのGORE-TEXシューズがあれば梅雨も楽しい!

ザ・ノース・フェイスのGORE-TEXシューズがあれば梅雨も楽しい!の画像

連日続く雨にそろそろうんざりしてきた今日この頃ですが、ザ・ノース・フェイスより、梅雨の季節もタフに、そして快適にすごせる新作防水シューズが2モデル登場です。

街でも山でもあらゆる路面に対応する、GORE-TEX搭載の「Townt GORE-TEX(タウント GORE-TEX)」(2万3100円)と、通気性と防水性を兼ね備え、しかも軽量な「Activist FUTURELIGHT(アクティビスト フューチャーライト)」(1万8700円)、どちらを選びますか?

今回ザ・ノース・フェイスから新登場するのは、「Townt GORE-TEX(タウント GORE-TEX)」と「Activist FUTURELIGHT(アクティビスト フューチャーライト)」の2モデル。さっそく見ていきましょう。
▼「Townt GORE-TEX」

TownとMountainをミックスしたモデル名が示す通り、街中の濡れたアスファルトから泥でぬかるんだ登山道まで、あらゆる路面に対応する、ユーティリティ性に優れた防水シューズ。

耐摩耗性メッシュアッパーに、防水透湿性に優れるGORE-TEX PRODUCTSのメンブレンを使用しており、引っかきに強く通気性に優れています。トゥとサイド、ヒール部にはTPUマッドガードを配し、強度を向上。石などの硬いものから足を保護します。

ビブラムメガグリップアウトラバーソールは、濡れた岩やアスファルトでも高いグリップ力を発揮。またフィット性を高めるニット素材の履き口と、ワンハンドで操作可能なクイックシューレースシステムでフィット感の調節も容易です。カラーはTNFブラックのみで、サイズはハーフサイズなしで6〜11インチが用意されています。

 
▼「Activist FUTURELIGHT」

軽量で通気性に優れ、雨天時のシューズ内の不快な蒸れを抑制し、しかも防水性も備えたローカットトレッキングシューズ。アウトドアはもちろん、デイリーに使えるレインシューズです。アッパーには、独自開発となるミクロ単位のポリウレタン繊維を吹き重ねたナノフィルム状の防水透湿素材“FUTURELIGHT”を採用するほか、高強度のTPUトゥキャップやサイドのマッドガードを配置。

アウトソールには、部分的にラバーの配合を変え、グリップとブレーキ性能を向上させたEXTSラバーアウトソールを装備しています。さらに甲のフィッテイングを向上させるGhillie lacingシステムも採用しています。

カラーバリエーションはTNFブラック×ジンクグレー、ケルプタン×TNFブラック、TNFレモン×TNFブラックの3色で、サイズはハーフサイズ展開で7〜12インチが用意されています。

 

>> ザ・ノース・フェイス

[関連記事]
歩きやすくて快適!街でも履きたいアーバンアウトドアシューズ5選?

サロモンの新作トレイルシューズはGORE-TEXを使った全天候型!?

シューズとサンダルのハイブリット!夏に履きたい「シャンダル」ってなんだ??

文/&GP

関連記事(外部サイト)