プーマの定番「ラルフ サンプソン」の新作はサイドのラインがない!

プーマの定番「ラルフ サンプソン」の新作はサイドのラインがない!

プーマの定番「ラルフ サンプソン」の新作はサイドのラインがない!の画像

プーマより、往年の名バスケットボールプレイヤーの名前を冠したシグネチャーモデル「RALPH SAMPSON(ラルフ サンプソン)」の2020年新作モデル「RALPH SAMPSON MC スニーカー」(1万2100円)がリリースされました。

同ブランドの中でも80年代から続く人気モデルのひとつであり、超定番のCLYDE、SUEDEに対して “裏定番” とも呼ばれる「ラルフ サンプソン」…。でも、ちょっと待って? この2020AWモデル、プーマの象徴ともいえるあの流線型のラインが見当たりません!

1983年、ドラフト1位でNBAヒューストン・ロケッツに入団したラルフ・サンプソン。身長223cmの恵まれた体躯と優れた身体能力でペイントエリアを支配。ケガにも悩まされ全盛期は短かったものの、その活躍は強烈なインパクトを残し、オールスター戦にも4度出場。2012年には殿堂入りも果たしたバスケットボール界のレジェンドです。

今回登場の2020AWモデルは、80年代に端を発するシグネチャーモデルのデザインをあらたに解釈、ローカットタイプにリモデルしたもの。なんといってもポイントは、ブランドの象徴ともいうべきサイドのフォームストリップを排している点にあります。

流線型のラインに代わって施された直角的な切り替えが、これまでのコートシューズにはなかった現代的で洗練された印象を与えます。

アッパー素材は、天然皮革を用いたオールレザー仕様。ブラックやグレイ、べージュといった都会的で穏やかなカラー使い、ソール部分のヴィンテージテイスト漂う優しいカラーが印象的。

一方で、ヒール部分にはラルフ・サンプソンのサインプリントがゴールドカラーで燦然と輝き、シンプルな後ろ姿にシグネチャーモデルらしいインパクトを与えています。

落ち着いた佇まいは、クラシカルにもスポーティなスタイルにも似合いそう。性別や年代を問わず、さまざまな人の足元に似合いそうな1足です。

 

>> PUMA

[関連記事]
プーマの名作5モデルがルドルフ・ダスラーの名を冠して限定復刻!?

PUMAなのにゴリラのロゴ?アニバーサリーモデルはインパクトありすぎです!?

ローテクに見えて実は本格派!プーマのパフォーマンスモデル「クライド ハードウッド」?

文/&GP

関連記事(外部サイト)