ダブルの外音を取り込み機能でスポーツやランニングを安全に!

ダブルの外音を取り込み機能でスポーツやランニングを安全に!

ダブルの外音を取り込み機能でスポーツやランニングを安全に!の画像

最近は完全ワイヤレスイヤホンをつけてランニングをしている人をよく見かけるようになりました。でも、周囲の音を完全に遮断して走るのはかなり危険です。車の接近や自転車のベルに気が付かず、ヒヤっとする可能性があります。音を最小にしたり、片耳だけイヤホンをつけたり、周囲の音が聞こえるような対策もありますが、でもそれでは音楽を楽しむことはできませんよね…。

そんなジレンマを解消してくれるのが、パイオニアから登場した完全ワイヤレスイヤホン「E9truly wireless」(実勢価格:1万4000円前後)。音楽を聴きながら周囲の音を認識できるほか、スポーツ向きの機能がギッシリ詰め込まれています。

周囲の音がきちんと聞こえる秘密はイヤーチップにあり。“アンビエントアウェアネスイヤホンチップ”と呼ばれるスリット入りの外音取り込みイヤーチップが、カナル型イヤホンの密閉性を下げて、周囲の音を聞き取りやすくしてくれます。耳栓のように外音を遮断するカナル型の密閉性を逆に“下げる”という発想がおもしろいですよね。

なお、イヤーチップは“ノーマル”と“アンビエントアウェアネスイヤホンチップ”のそれぞれにS、M、Lの3サイズが付属。充電ケースにイヤーチップを収納するスペースがあるため、室内ではノーマル、外ではアンビエントアウェアネスイヤホンチップと、手軽に使い分けられます。

また、外音取り込みモードを使うことで、イヤホンに内蔵されたマイクから周囲の音を聞くことも。電車内のアナウンスやレジでの会計時など、ちょっと周りの音を聞いたり、会話をする際にサッと切り替えることができるので便利です。

スポーツ向けといっても音質にはこだわっており、強磁力の希土類マグネットを採用した高感度φ6mmドライバーが、透明感のある中高音と、重厚感のある低音を表現。イヤホンのノズルに角度をつけて、ドライバーから耳穴に直接サウンドを届ける “イヤーダイレクトマウント構造”が、しっかりした装着感とともに音質を高めてくれます。なお、コーデックもSBCと高音質のAACに対応。

運動時に気になるホールド力も高く、シリコン製の“セキュアイヤーフィン”(S、M、Lの3サイズ付属)が耳にしっかりフィットし、外れにくくなっています。動きが激しい場合、左右のイヤホンを結ぶ付属のイヤホンストラップを使えば、外れて紛失してしまう心配はありません。また、防水機能もしっかりしておりIPX5/IPX7に準拠。雨や汗に強いだけでなく、水洗いすることもできるため、いつでも清潔に使うことができます。

連続再生時間はイヤホン単体で最大5時間、充電ケースと併用で最大20時間。15分の充電で1時間の使用ができる急速充電にも対応しています。

カラーはイエロー(外装はブラック)、グレー、ピンクの3色。スポーティーなカラーは普段使いにも合うので、ちょっとオシャレな完全ワイヤレスを探していた人にもオススメです。

>> パイオニア「E9truly wireless」

 

[関連記事]
外音取り込み×防水×重低音!ソニー「WF-SP800N」はスポーツ用として死角なし!

走るために考えられた完全ワイヤレスならランが充実するぞ

完全ワイヤレスもここまできた!水深1mで30分間の耐水性を誇るって

文/&GP

関連記事(外部サイト)