タグ・ホイヤー創業160年を飾るのはやはり「カレラ」

タグ・ホイヤー創業160年を飾るのはやはり「カレラ」

タグ・ホイヤー創業160年を飾るのはやはり「カレラ」の画像

1860年創業のタグ・ホイヤーから、160周年という記念すべき年を祝う特別な“カレラ” が数量限定で登場。1964年発売の “2447S” を、現代的な解釈で生まれ変わらせた「タグ・ホイヤー カレラ 160周年 シルバーダイヤル リミテッドエディション」(76万4500)と、1972年発売の名作 “モントリオール” に、最先端の製造技術を搭載した「タグ・ホイヤー カレラ 160周年 モントリオール リミテッドエディション」(80万3000円)。いずれ劣らぬ華やかさは、アニバーサリーイヤーにふさわしい輝きです。

「タグ・ホイヤー カレラ 160周年 シルバーダイヤル リミテッドエディション 」は、1964年発売のモノクロームシルバーダイヤルモデル“2447S”のデザインを復刻したもの。ホイヤー創立年にちなんだ世界限定1860本の特別モデルです。

搭載されているのは、80時間のパワーリザーブを誇る自社製ムーブメン?“キャリバー ホイヤー02”。ポリッシュ加工を施したケースやプッシャー、シャープなダイヤルデザインは、オリジナルを踏襲。

一方でケース径は36mmから39mmに、またムーブメントの構造の違いから、永久秒針の位置を9時位置から6時位置へと変更。センターの時分針には、面取り加工が施され、ベージュのスーパールミノバが塗布されるなど現代的な仕様にアップデートされています。

ケースバックには「ONE OF 1860」「LIMITED EDITION」の文字が刻印され、ねじ込み式のサファイアクリスタル越しには、アニバーサリーエディションを表すラッカー仕上げのエングレーブを覗かせます。

一方、「タグ・ホイヤー カレラ 160周年 モントリオール リミテッドエディション」は、1972年に発売された自動巻クロノグラフ “モントリオール(品番 110503W)”を復刻したもので、こちらは世界限定1000本。

ムーブメントには、同じくキャリバー ホイヤー02を搭載。ドーム型サファイアクリスタルの内側で目を惹くのは、アズラージュ加工が施されたブルーの3つのカウンター。

また、ブルーとホワイトを基調としたダイヤルに、スーパールミノバのイエロー、センター針のレッドがよく映えます。明るさと躍動感を感じさせるデザインですが、12時位置には「Carrera HEUER」のシールドロゴで、アニバーサリーモデルらしいレトロな雰囲気をプラス。

ケースは、ポリッシュ仕上げのステンレススティール製で、ケースバックにはこちらも限定モデルの証として「One of 1000」 のナンバリングを刻印。華やかなブルーのアリゲーターストラップもエレガントです。

両モデルとも公式オンラインブティックにて先行発売中、店頭では7月中旬の発売を予定しています。

 

>> タグ・ホイヤー「160周年 リミテッドエディション」

[関連記事]
名機「タグ・ホイヤー モナコ」が新たな装いで限定モデルとして登場!?

見る角度で表情が変わる日本限定「タグ・ホイヤー カレラ」?

クロノグラフから着想を得たタグ・ホイヤーの次世代スマートウォッチ?

文/&GP

関連記事(外部サイト)