小型なのに高機能!モバイルプロジェクターで動画三昧だ

小型なのに高機能!モバイルプロジェクターで動画三昧だ

小型なのに高機能!モバイルプロジェクターで動画三昧だの画像

動画サイトやサブスク全盛、自宅で見るコンテンツももっぱらネット動画ばかり。そんな人が増えたせいか、家中好きなところに持ち運んで使える家庭用ポータブルプロジェクターが人気です。

+Style(プラススタイル)にて発売中の「XGIMI Halo(ジミー ハロ)」(9万6800円)も、そんな手軽なプロジェクターのひとつ。自慢はなんといっても、最大800ANSIルーメンの明るさとフルHDの投影解像度。さらにHarman Kardonスピーカー搭載でサウンド品質も良好。求めたい機能と性能のすべてを小さなボディに詰め込んだ、パワフルなプロジェクターです。

「XGIMI Halo」は、W113.5×H171.5×D145mmのコンパクトなプロジェクター。特筆すべきは、その明るさと投影解像度。現在市場に出ている家庭用ポータブルプロジェクターの多くが200ANSIルーメン前後か、ハイエンドモデルでも500〜600ANSIルーメンが主流であるのに対し、この「XGIMI Halo」は、最大800ANSIルーメンという高輝度を誇ります。

また、同じく市場のポータブルプロジェクターの多くが投影解像度720pであるのに対し、フルHDに相当する1080pの高精細描画が可能。きめ細かく、鮮やかな映像を大画面でも楽しめます。

さらに、映像に負けていないのがサウンド性能。コンパクトな本体にはHarman Kardonとの協業により5W出力のスピーカーを2基搭載。加えて同社が長年培ってきた繊細なチューニングを施すことで、迫力のサウンドをたった1台で実現。ポータブルスピーカーとしても活用できます。

入力可能な映像解像度は2K、4K、1080pで、外部機器との接続にはBluetooth、HDMI、USB2.0、Chromecastに対応。パソコンやスマホ、ゲーム機など、さまざまな映像ソースが手軽に利用できます。

OSには、Android TVを採用しており、Google Playストア経由で4000を超えるアプリをダウンロードして利用可能。YouTubeやAmazon Prime Video、Hulu、dTV、TVer、Abema TV、DAZNなどのアプリを介して、多彩なコンテンツを大きな画面で堪能できます。

電源はAC電源からとりますが、本体には58.6Whの大容量バッテリーを内蔵しているので、スタンドアロンでも最大4時間の動画再生が可能。面倒なフォーカス調整や台形補正、垂直補正も自動で行ってくれるから、設置もラクラク。上質なホームシアター体験をより手軽に楽しめる1台です。

>> +Style

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆“タテ画面“も映せます!スマホと一緒に使いたいポータブルプロジェクター?
◆プロジェクターの据え置きに向く人、ポータブルに向く人の見分け方?
せっかく買ったDVD、プロジェクターで活かしてみない??

関連記事(外部サイト)