リゾート感あるキューバチェアで休日を優雅に過ごせます

リゾート感あるキューバチェアで休日を優雅に過ごせます

リゾート感あるキューバチェアで休日を優雅に過ごせますの画像

デンマークの名作チェアとして知られるカール・ハンセン&サンの「キューバチェア」。住まいのインテリアを美しく演出してきたキューバチェアから、耐水性・耐光性を備えた屋外でも使用可能な新バージョンが登場しました。

デンマーク・コペンハーゲン生まれのデザイナー、モーテン・グットラー。シンプルさ機能性を併せたフォルムを追求し、北欧モダンの伝統を継承する存在として、独自のスタイルをもった家具を創り出してきました。1997年にデザインされたキューバチェアも、彼の代表的な作品のひとつです。

低めで開放的な座面、クロスする印象的なフレーム、シンプルなデザインと、体のラインに沿って優しく支えるサポート力をもつキューバチェアは、発売からわずか10年で “名作チェア” と呼ばれるようになりました。

そんな従来のキューバチェアには、オーク材とコットンウェビングテープが用いられていました。今回登場した新バージョンのチェア「MG501?キューバチェア」(9万200円)では、屋外での使用を想定し、フレームには無垢のチーク材、座面・背面には、耐水性と耐光性に優れた幅細のウェビングテープが採用されています。

また、雨や風による劣化を考慮し、接続金具にはすべてステンレススチールを採用。室内はもちろん、庭やベランダ、バルコニーでも気兼ねなく使用できるようになりました。

もちろん、デザインの美しさと座り心地のよさは従来品のまま。名作チェアに身を委ねながら日光浴を楽しめば、日々のストレスも癒やされること間違いなしです。

>> カール・ハンセン&サン

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆小っさ!折り畳めばポケットにだって入っちゃう軽量チェア?
◆この椅子…光るぞ!ゲーミングチェアでライバルに差をつける?
◆「籐張り」の網目模様に優雅さ感じるケアホルムのダイニングチェア?

関連記事(外部サイト)