クーラーで乾燥するの苦手なら加湿もできるといいよね!

クーラーで乾燥するの苦手なら加湿もできるといいよね!

クーラーで乾燥するの苦手なら加湿もできるといいよね!の画像

寝苦しい熱帯夜、クーラーをつけっぱなしで寝ると、翌朝はクーラーの乾燥した風で喉がカラカラ…なんてこと、ありますよね。かといって、クーラーを切れば暑すぎるし、クーラーも加湿器もつけるとなると電気代も気になります。それなら、miraion(ミライオン)の「パーソナル冷風機」(実売価格:4280円)はどうでしょう? 手のひらに乗るコンパクトサイズなのにパワフルなファンで送風するだけでなく、内蔵のタンクに水や氷を入れれば、超音波霧化技術によって水蒸気を含んだ冷たい風を送ってくれるんです。

「パーソナル冷風機」は約125×183×145mmと、手のひらに乗るほどのコンパクトなアイテム。電源を入れると内蔵のファンが回転し、小さいながらもパワフルな風を吹き付けます。

風量は3段階で調節が可能で、可動ルーバーで風向きを上下に変えられ、部屋全体ではなくピンポイントで自分の周囲のみを涼しくできます。

もちろん、それだけではありません。このアイテムのポイントは、加湿フィルターと、約180mlの水冷タンクが搭載されている点。このタンクに水や氷を入れることで、さらに冷え冷えの風を作って送り出すことができるのです。

原理としては、超音波霧化技術により、水分が蒸発する際に周囲の熱を奪う現象「気化熱」を利用して冷たい風を放出するという仕組み。この風は水蒸気を含んでいるため、自然と加湿効果もプラスされるというわけです。

冷却効果は、「送風のみ」ならマイナス1〜2度、「送風+水」ならマイナス4〜6度、「送風+水+氷」ならマイナス8〜10度ほど。氷はタンクに直接入れてもいいし、付属しているふたつのアイスボックスに氷を張って本体にセットしてもOKです。

静音設計なので寝室でも使えるほか、重さも約570gと軽量なので、風呂上がりの脱衣所やキッチン、トイレなどに持ち運んで使うこともできます。

さらに、USB Type-Cコネクタを採用し、モバイルバッテリー(※5V/2Aが必要)でも作動するので、アウトドアでの使用も可能。真夏の車内やテント内も快適に過ごせそうです。タイマー機能やスマート電源オフ機能付き。1日約0.15kwほどとエアコンよりも省エネで電気代もお得です。

この1台があれば、暑い夜も快適に過ごせそうですね。

>> miraion「パーソナル冷風機」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆冷風機じゃない!空調メーカー・ダイキンがガチで作った持ち運べるエアコン?
◆これぞデザイン家電!デロンギの空気清浄機付きファンはまるでオブジェです?
◆自分だけ涼しくたっていいじゃん!だって「ひとり用エアコン」だもん!?

 

関連記事(外部サイト)