汚いゴミ袋を手を汚さずに処理できるって本当に助かる!

汚いゴミ袋を手を汚さずに処理できるって本当に助かる!

汚いゴミ袋を手を汚さずに処理できるって本当に助かる!の画像

日常生活において欠かすことができないゴミの処理。料理時の生ゴミやペットなどの琲世物、赤ちゃんのおむつなど、手が汚れるだけでなくニオイも気になるところです。そんな面倒なゴミの処理をたったワンプッシュで完了してくれる、全自動スマートゴミ箱「TOWNEW」(1万1980円〜2020年7月10日現在)が、クラウドファンディング・CAMPFIREにてプロジェクト実行中です。

フタの自動開閉、ゴミ袋を自動梱包、次のゴミ袋へ自動交換&セットをたったワンプッシュで完了する「TOWNEW」。手を汚さずにゴミ処理ができて、嫌なニオイも完全にシャットアウト。日常生活をより快適&衛生的に過ごすことができます。

自動開閉機能は、本体上部に設置されている赤外線センサーの感知範囲に入ると、わずか0.3秒でゴミ箱のフタが自動でオープン。センサーの範囲外に出ると約3秒後に自動でフタが閉じるので、ゴミを捨てる際にフタを触る必要が一切ありません。

ゴミ袋を捨てる際、袋の上部分を結ぶなどの作業が必要となりますが、「TOWNEW」はその作業も必要なし。ボタンを2秒間長押しすると熱溶着技術による自動梱包で、ゴミ袋を自動で結んでくれます。

自動梱包機能によりしっかり密閉されているので、逆さにしても中のニオイや液体が漏れることがありません。ゴミ箱からゴミが溢れてしまっても、オーバーロードパッキング機能があるので問題なし。耐荷重と伸縮性に優れた長さ11.5mの特殊なゴミ袋の中に、すっぽりと梱包してくれます。

ゴミ袋の取替も自動で行ってくれます。本体内部に空気排出器を搭載し、新しいゴミ袋とゴミ箱の間の空気を排出して真空状態にしてムダな空間を作らず、自動で次のゴミ袋をセットできます。

自動開閉機能は、フタが開いている状態でボタンを1回押すと、オープンモードへと切り替えられます。果物や野菜の皮むきなど、ゴミ箱を開けた状態で使用したいときにはとっても便利。

オープンモードを解除したい時は、ボタンを1回押すだけで解除できます。しかも、電池不要な充電タイプなので、電源を気にせずどこでも使用可能。フル充電なら1カ月以上使用可能です。

もはやロボットとも呼べるくらい、ボタンワンプッシュで面倒なゴミの処理を全自動で行ってくれる「TOWNEW」。日常生活を快適に過ごすアイテムとしてはもちろん、忙しい毎日の時短や感染症問題のウィルス対策としても最適です。7月10日現在、ゴミ箱1台とカートリッジ(専用ゴミ袋6パック)1個で1万1980円から支援受付中。2台セットのコースも用意されています。

>> CAMPFIRE

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆手をかざせば開くゴミ箱なんて使ったら普通のゴミ箱使えなくなりそう?
◆部屋の気になる臭いを除菌・消臭!ゴミ箱用もあるよ?
◆ゴミ箱自体がゴミを吸うって新し過ぎる!?

 

関連記事(外部サイト)