使えば使うほど味が出る、防水帆布のアウトドアギアケース

使えば使うほど味が出る、防水帆布のアウトドアギアケース

使えば使うほど味が出る、防水帆布のアウトドアギアケースの画像

長年使い込んでいる愛用のアウトドアギア。多少のヘコミやキズは相棒アイテムの勲章だと思ってきたけれど、大切な道具だからこそ、いたわりながらできるだけ長く使いたい…。そう考え始めた人にぜひオススメしたいのが、ビッグウイングのオリジナルブランド・asobito(アソビト)のギアケースです。

パラフィン加工を施した防水帆布を素材に用いたタフネス仕様で人気のブランドですが、特に2020年秋冬は、ブランドのコンセプトでもある「あったらいいな」の発想から生まれた魅力的な新製品が目白押しです。

まず注目したいのが「メスティンケースL」(3960円)。ソロキャン人気とともにビギナーキャンパーからも注目されているメスティンですが、こちらはそのラージサイズがぴったり収納できるよう設計されたソフトケースです。

頑丈素材のおかげでソフトケースでもしっかり自立、フタ部分は大きく開くダブルファスナー仕様で、モノの出し入れもしやすくなっています。フタ内側には、薄型ポケットが付いており、カトラリーやチャッカマンなど、ちょっとした小物も収納可能。

メスティンの中に米や調味料など、調理に必要な一式を入れて収納しておけば、こまごまとしたモノの多いソロキャンプの装備もすっきり。携帯に便利なハンドルが付いているのも便利です。

またぴったり収納ということで紹介したいのが、長さ26cmで最大部直径10cm、スタンレーの真空スタッキングパイントカップが4本収まる「パイントケース」(2750円)。

使いやすさと衛生面への配慮から、4本重ねたカップは先に巾着型のポリエステル製インナーケースに収納したうえで帆布製ケースにおさめるという構造になっています。

ケースには、持ち手となるハンドルが付いているので、スタンドや木の枝などに引っ掛けて小物入れとして使ってもいいし、本体底にカップ1個を直接入れてカトラリースタンドとして使ってもOK。

他にも整理整頓に役立つ「ハンギングチェーン」や「トラッシュバッグM」「ポールケースS」「OD缶ケース」など、計7アイテムをラインナップ。ミリタリーテイストを感じさせるオリーブカラーも魅力的。手持ちアイテムに合わせて揃えれば、さりげない統一感で、サイト内もオシャレにまとまりそう。

ロウ引き仕上げの硬い感触は、使い続けるうちに少しずつしなやかに、こなれた手触りへと変化していくはず。使い込むほどに味わいを増す、ケース自体の経年変化も楽しみです。

>> ビッグウイング「asobito」

文/&GP

 

【関連記事】

◆増えてしまったキャンプギアの収納に「ソフトコンテナ」ってアリかも?
◆マルチに使えて高コスパ!激売れ中のユニフレーム「フィールドラック ブラック」【アウトドア銘品図鑑】
◆無印良品「頑丈収納ボックス」を使ったステッカー術でおしゃれキャンプが楽しめます!

関連記事(外部サイト)