4つもの複雑な時計技術を盛り込んだマニアックさがたまらない!

4つもの複雑な時計技術を盛り込んだマニアックさがたまらない!

4つもの複雑な時計技術を盛り込んだマニアックさがたまらない!の画像

“時を愉しむ” をテーマに、遊び心と匠の技術を組み合わせた時計を展開するシチズンのCAMPANOLA(カンパノラ)シリーズ。同シリーズの新作として、伝統工芸の“織部焼”をイメージした「織部」(47万3000円)が7月22日に発売されます。

茶器として名高い織部焼をイメージし、落ち着きのある深い緑色の漆塗りで表現した文字板が特徴の「織部」。見返しリングにも緑色の漆を施すことで、豊かな表情と独特の艶を持たせています。

ムーブメントには、“ミニッツリピーター”、“ムーンフェイズ”、日付調整不要な“パーペチュアルカレンダー”、ストップウォッチ機能を動作させる“クロノグラフ” といった、4大複雑機構をクオーツで実現させた “グランドコンプリケーション”を搭載。

カンパノラのグランドコンプリケーションモデルは、2002年に初めてコレクションに登場して以来、ブランドを代表するオリジナルのムーブメントになっています。

ステンレスケースには、シチズン独自の表面効果技術 “デュラテクト” の中でもっとも硬い“デュラテクトアルファ”を採用。サファイアガラスと同等の硬度と、貴金属のような美しい輝きを実現しています。

日本ならではの落ち着いたデザインと、高い機能性を兼ね備えた「織部」。その美しさをぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?

>>CAMPANOLA「織部」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆満天の星を散りばめた宇宙の時を愉しむ「カンパノラ」?
◆広大な宇宙を閉じ込めたエコ・ドライブ搭載の「カンパノラ」?
◆「未来ボタン」と「過去ボタン」って何?200年の時を読み取るシチズン「カンパノラ」新作

関連記事(外部サイト)