言わなきゃわからない「スーツに見える作業着」限定カラー

言わなきゃわからない「スーツに見える作業着」限定カラー

言わなきゃわからない「スーツに見える作業着」限定カラーの画像

ビジネスではTPOに合わせて、その場に応じたフォーマルな服装が求められます。しかし、スーツは作業着に比べて動きにくかったり、ポケットに物が余り入らなかったり、出張先で気軽に洗えなかったりなど、機能面ではデメリットも多いものです。

そこで便利なのがオアシススタイルウェアが発売する、世界初のスーツに見える作業着「ワークウェアスーツ」です。長年培った施工現場でのノウハウが活かされており、作業しやすい高機能性と、フォーマル要素を兼ね備えた次世代の機能性スーツとなっています。特に、全日空および417 EDIFICE(フォーワンセブン エディフィス)とトリプルコラボした機能性セットアップ「<ANAオリジナル>WWS×417 EDIFICE for ANAセットアップスーツ(収納ポーチ付き)」(ジャケット1万7800円、パンツ1万2000円/ともに税別)は、新たな機能性を追加しており注目を浴びています。7月より、既存カラーであるダークネイビーに、417 EDIFICE限定カラーであるグレー、ブラックを加えた3色を417EDIFICE全10店舗にて400着限定で販売中です。

「<ANAオリジナル>WWS×417EDIFICE for ANAセットアップスーツ」は、独自開発の新素材“Ultimex/アルティメックス”を使用しており、高いストレッチ性や撥水性など、実用的な機能を備えています。洗濯機洗いに対応したイージーケア仕様を実現しており、出張先での洗濯も可能です。その機能的な生地を、フレンチスタイル特有の上品さとトレンドを加味したデザインに定評のある417 EDIFICEが都会的なパターンに落とし込んでいます。

このスーツの大きな特徴のひとつが収納力。ジャケットの内側にはパスポートやノートなどを収納できる大きなポケットを備えており、空港から直接作業現場へ向かうようなアクティブなビジネスマンに便利です。またポケットはダブル使用になっており、物を小分けにできます。

パンツには、通常の脇ポケットに加えてサイドへ大きなファスナー付きポケットを装備。ヒップポケットの左側にもファスナーポケットを備えています。

ジャケット右側の内ポケットには、眼鏡やタブレットの汚れを拭き取るためのクリーナーを完備。新たにメガネ拭きなどを持ち歩く手間を軽減してくれます。

セットアップを収納できる便利な専用ポーチも付いており、コンパクトに持ち運べるため、移動の多い出張シーンに最適です。スーツにしか見えない作業着を着こなせば、ビジネスの作業効率化がはかどること間違いなしです。

>>WWS×417 EDIFICE for ANA

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆さすがモノタロウのPBスーツ!ゲンバ系で動きやすくて高コスパ?
ただのスーツじゃない!これならガンガン動けそう?
◆グラミチも共同開発のジャケットは仕掛けがいっぱい!?

関連記事(外部サイト)