どんな悪路も乗り越える「ナイキ?ペガサス?トレイル?2」

どんな悪路も乗り越える「ナイキ?ペガサス?トレイル?2」

どんな悪路も乗り越える「ナイキ?ペガサス?トレイル?2」の画像

自然の中を豪快に走り抜ける人気のトレイルランニング。木々に囲まれ、きれいな空気を吸いながら、走る爽快感。美しい景色を眺めながらのランニングで得られる満足感は格別です。しかし林道、砂利道、登山道など、ロードのようにきれいに舗装されていない路は石や岩、木の根や階段など、不安定要素も満載。時には “悪路” とも言えるトレイル(未舗装路)を、安心かつ安全に走るためには、シューズにこだわりたいもの。ナイキから登場した「ナイキ?ペガサス?トレイル?2」(1万5400円)は、トレイルランニングを愛するすべてのアスリートをサポートする機能が満載です。

「ナイキ?ペガサス?トレイル?2」は、これまでで最も反発力に優れた“ナイキ リアクトフォーム”を採用しています。以前と比べてクッション性は11%、反発性は13%アップし、優れた耐久性を保持。ランナーの足にぴったりとフィットします。

アウトソールには、ラバーを使ったパターンを施し、バイクのタイヤをイメージしたスピード感あふれるスタイルになっているのが特徴。突起がトラクション(牽引力)を発揮し、トレイルでもロードでも、スムーズな履き心地を提供します。さらに、つま先とかかとのトラクションを強化し、岩場や上り坂、下り坂でも、しっかりと足元の安定感をキープします。

アッパー全体に耐久性に優れたメッシュ素材を使用。水分が排出しやすくなっているため通気性が向上し、足元は常に涼しく、さらりとした状態が持続します。シュータンには通気孔を配し、防水性を強化。

履き口のフェイクゲートルは、汚れや破片の侵入を防止します。足中央部ケージが足をしっかりと固定して包み込み、ヒールのプルタブが着脱をスムーズにサポートします。

普段使いにもピッタリな万能デザインで、ベアリーボルト・レーザーブルー・ポイズングリーン・ブラックをバランスよく配した、1カラーのみ。サイズは24〜29.5cmで展開されています。

今回登場した「ナイキ?ペガサス?トレイル?2」に加え、アパレルコレクションにはTシャツやタイツ、パンツやキャップなどの新色アイテムも登場。トレイルランを楽しむモチベーションがさらにアップしそうです。ペガサスのような翼をもった快適なシューズで、この夏、トレイルランデビューをしてみてはいかがでしょうか。

>> NIKE

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆派手なだけじゃない!革新素材が満載な英国生まれのトレランシューズ?
◆ホカ オネオネの最軽量トレランシューズは路面を選ばず走れます?
◆険しい道でもサクサク走れるサロモンのトレランシューズ?

関連記事(外部サイト)