往年のオーディオブームを支えた名機たちがミニチュアコレクションに!

往年のオーディオブームを支えた名機たちがミニチュアコレクションに!

往年のオーディオブームを支えた名機たちがミニチュアコレクションに!の画像

レコードプレーヤーやカセットデッキなど、往年のオーディオブームを支えた名機たちが再び! カプセルフィギュアを手掛けるケンエレファントから、ONKYO完全監修のミニチュアフィギュア「ONKYO オーディオミニチュアコレクション」(500円)が登場。ただ精巧なだけでなく、遊び心あふれるギミックも搭載しています!

今回、ミニチュアになったオーディオ機器は5種類。

当時では破格の95dB/W/m、最大許容入力100Wというスペックを搭載した、1975年登場の「スピーカー[M-6]」。今では無骨に感じるスピーカー本体には、左右それぞれに取り外し可能なグリルネットが付属しています。

ターンテーブルにアルミダイキャストを使用した、1980年登場の「レコードプレーヤー[CP-490F]」は、ダストカバーを開閉可能。トーンアームを動かすこともでき、付属のレコードも取り外せます。

アンプ内の不要信号を除去して音楽信号のみを増幅するダブルスーパーサーボ技術を有した、1980年登場の「アンプ[A-817]」。実機の質感をリアルに再現したザラつきのある本体には、ケーブルが2本付属し、レコードプレーヤーやカセットデッキとの接続が可能に。

コンシューマー用としては世界初の2倍速ダビング機能を搭載した、1981年登場の「カセットデッキ[TA-W880]」は、テープホルダーが開閉し、2個付属するカセットテープを出し入れできます。

ハイレゾ対応でBluetoothも搭載した、比較的新しい2016年登場の「ミニコンポ[X-NFR7TX]」。スピーカーの木目までリアルに再現された定番のコンポには、CDとリモコンが付属し、CDはディスクトレイに載せて挿入することが可能です。

各ミニチュアの縮尺が合わせてあるので、集めて飾っても違和感がなく、コンプリートしたくなること間違いなし。サイズ感が合うキャラフィギュアと一緒に飾るのもありですよね。

販売方法は中身を選ぶことができない、カプセルトイやブラインドBOX(各500円/ブラインドBOXは税別)。8月8日よりケンエレスタンド秋葉原店・新橋駅店・上野ランドにて先行販売され、8月18日より全国のカプセルトイ売り場やホビーショップ、オンキヨー&パイオニア株式会社直営店「ONKYO BASE」にて販売されます。また、ケンエレファントのオンラインショップでは、ブラインドBOX5個入りパックが予約受付中です。

>> ケンエレファント「ONKYO オーディオミニチュアコレクション」

<文/&GP>

 

【関連記事】

関連記事(外部サイト)