個性あふれる新作アウトドア&フィールドウォッチ7選【GP最新ウォッチコレクション】

個性あふれる新作アウトドア&フィールドウォッチ7選【GP最新ウォッチコレクション】

個性あふれる新作アウトドア&フィールドウォッチ7選【GP最新ウォッチコレクション】の画像

【特集】GP最新ウォッチコレクション
予期せぬ事情により、すべての時計フェアが中止になってしまった2020年。しかし今年も各社からは新作時計が続々と登場している。中でも今年、特に充実しているのがスポーツウォッチだ。それら新作ウォッチを以下の4つのキーワードから見ていこう。

【革新機能】持つ、そして着ける喜びが特別になる機能性
【名作復刻】時代を超えて楽しめる名作
【スペシャルコラボレーション】2つの世界が出合って生まれた特別な魅力
【価格を超えた価値】時計愛好家も絶賛する驚きのコストパフォーマンス

 
<アウトドア&フィールドウォッチ>
自然との触れ合いを意識したアウトドア用、フィールド用ウォッチは、ダイバーズと同様に、今年、新作が最も充実しているジャンルのひとつ。スイスの名門ブランドのユニークな24時間モデルから、昔のミリタリーウォッチを現代の技術で復刻したモデル、さらに気圧センサーを内蔵して天候の変化を表示してくれるハイテクモデルやシンプルな3針モデルまで、多彩な選択肢がそろっている。

そんな新作アウトドア&フィールドウォッチ7本を見ていこう。

1. グラスコックピットのように時刻が鮮明に浮かび上がる!
【革新機能】

BELL & ROSS
「BR 03-92 HUD」(52万8000円 世界限定999本)

航空計器をモチーフに時計作りを続けるベル&ロス。この新作は、蓄光塗料“スーパールミノバ”を活用した、暗闇でも最新航空機のヘッドアップディスプレイのように時刻が浮かび上がる未来的な文字盤が魅力。ケース径42mm、自動巻き、マットブラックセラミックケース、ラバーストラップ、100m防水

 
2. ダイヤルはユニークな24時間?
【革新機能】
【価格を超えた価値】

MONTBLANC
「1858 オートマティック 24H」(36万3000円 2020年9月発売予定)

スイス時計の名門・ミネルバの世界を継承する「モンブラン 1858」の新作は、1本針が24時間で文字盤を1周するユニークな表示を採用。時間に追われない気分になれる。ケース径42mm、自動巻き、SSケース&ブロンズ合金ベゼル、ファブリックストラップ、10気圧(100m)防水

 
3. 1962年の名作がブロンズ素材で味わい深く甦る!
【名作復刻】
【価格を超えた価値】

RADO
「キャプテン クック オートマティック ブロンズ」(29万円)

新素材&最先端デザインで知られるラドーは、1960年代にはスタンダードウォッチの名作を数多くリリースした。昨年も復刻されたが、今年はその復刻モデルに待望のブロンズケース仕様が登場。ケース径42mm、ブロンズケース、レザーストラップ。30気圧(300m)防水

 
4. 幻のアメリカ軍モデルの復刻版
【名作復刻】
【価格を超えた価値】

BULOVA
「ミリタリー 96A245」(6万9300円)

かつて短期間、アメリカ軍のパイロットに腕時計を供給していたブローバ。経過時間計測用に時と分それぞれを表示する2重のインナーベゼルを備えた、幻とも言われる当時のモデルの復刻版だ。ケース径42mm、自動巻き、SSケース、カーフストラップ、3気圧防水

 
5. アメリカン・ミリタリーの定番がアップデート
【名作復刻】
【価格を超えた価値】

HAMILTON
「カーキ フィールド チタニウム オート H70545550」(12万1000円)

第2次世界大戦時、アメリカ軍兵士に支給されたミリタリーウォッチの定番、ハミルトン「カーキ」のフィールドモデルにチタンケース仕様が登場。デイデイト付き最新ムーブメントも搭載している。ケース径42mm、自動巻き、チタンケース、カーフストラップ、10気圧(100m)防水

 
6. ツールナイフ直系の機能的で軽やかなデザイン
【価格を超えた価値】

VICTRINOX
「フィールドフォース スポーツ GMT」(5万5000円)

スイス製マルチツールの名門が手掛ける新作腕時計は、精悍で視認性に優れたデザイン。24時間で文字盤を1周するGMT針を備えたデュアルタイムモデルで、着け心地も軽快だ。ケース径42mm、クォーツ、ガンメタルPVD加工SSケース、ラバーストラップ、10気圧(100m)防水

 
7. アカウミガメ保護がテーマの日本自然保護協会コラボモデル第一弾
【革新機能】
【スペシャルコラボレーション】

CASIO
「PRO TREK PRG-330CC-5JR 日本自然保護協会?コラボレーションモデル 」(3万800円)

日本の砂浜を主な産卵地とする北太平洋のアカウミガメをテーマにデザインした日本自然保護協会とのコラボモデル。方位、気圧/高度、温度センサーを搭載し、バックライトをONにすると、アカウミガメの生育の軌跡が浮かび上がる。ケース径47.1mm、ソーラー駆動クォーツ、樹脂ケース &ストラップ、10気圧(100m)防水

>> 【特集】GP最新ウォッチコレクション
2020年7月6日発売「GoodsPress」8月合併号掲載記事をもとに構成しています
<構成・文/渋谷ヤスヒト>

 

【関連記事】

◆話題性も充実度も抜群の新作ダイバーズ15選【GP最新ウォッチコレクション】?
◆今こそ知るべき電波時計とGPSウォッチのユーザビリティ【時計百識】?
◆G-SHOCKの奥深さを表現する最新デザインモデル4選【G-SHOCK最新モデルの魅力】?

関連記事(外部サイト)